ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

920.シャーロック・ホームズ

2007.02.15

暴かれた策略 コナン・ドイルの事件簿 2001

ベル教授シリーズ第五作。これが最終回である。

脚本 ダニエル・ボイル
出演
ブレイニー警部補 リック・メイオール
コナン・ドイル チャールズ・エドワーズ
ドクター・ベル イアン・リチャードソン
アリシア ルーシー・アレン

女性工場主アリシアは資金繰りが立ち行かず、従業員の前で自殺する。
半年後、アリシアに金を貸していたスター氏が夜道で殺され、金品が奪われる。
死体のそばには、手袋が落ちていた。
警察はなかなか犯人捜査が進まない、ブレイニー警部補を見切りを付け、ベル教授に捜査協力を依頼する。


IMDBの評価は非常に高い(2007年2月現在8.4点)。
僕も8点までなら付けて良いと思う。
比較的高水準の作品だ。

惜しむらくは、黒幕が早々に分かってしまった。
証拠をあちこちに、ちりばめ過ぎだ。
人間的に成長したドイルが、一つずつその証拠を拾い上げて、繋いでいく。

この作品でもベル教授はミスをする
それも最初から、犯人に対する大きな判断ミスをしている。
これでは、まるでモース主任警部のようだ。

シャーロック・ホームズは、こんなミスはしないだろう。
論理を重んずるベル教授に、さらに絶対性を付加したものが、ホームズということなのだろう。

作品は第二作「惨劇の森」のような、ダークなものではない。
立派な英国風本格的推理ドラマに仕上がっている。

惨劇の森 コナン・ドイルの事件簿 2001

昨日、コナン・ドイルの恩師ベル教授シリーズ第二弾「惨劇の森」をDVDで見た。
実はヘレン・ヘイズ版ミス・マープル「カリブ海の秘密」を放送していたとき、どちらを見るか
で少し悩んだ。
そして結局そのときは放送中の、ミス・マープルを見た。
その最中に、イアン・リチャードソンの訃報が飛び込んできた。

DVDを見てみると、なかなかの傑作である。
まず犯罪性があるのか?
次に犯人は誰か?
本当の黒幕は誰か?
2時間の中で怪奇趣味やどんでん返しがあり、目が離せなかった。


眼科医になったコナン・ドイルは、美しい娘ヘザーからある幻視に悩まされていることを告白される。
森の中を自転車に乗っていると、頭巾をかぶった男に追い掛けられるというのだ。
ドイルは、恩師のベル教授に相談する。

出演
ヘザー ケイティ・ブレイク(Katie Blake )
--若いが、なかなか将来が楽しみな女優。
ベル教授 イアン・リチャードソン
--ホームズのモデル。
コナン・ドイル チャールズ・エドワーズ
--今回から俳優が交代している。

脚本 デビッド・ビリー(ノベライズも担当)

ドイルの名作短編「美しき自転車乗り」を基にした話である。
原作と違って、娘が巨額の遺産を相続することは前もってわかっている。
娘に近寄ろうとする男は、次々と殺される。
しかしベル教授が出馬しているのに、連続殺人を犯そうとは、モリアーティ教授も真っ青な殺人鬼である。

この作品はコナン・ドイルと言うより、ヨーロッパの怪談か、横溝正史作品に近いと思う。
もう少しユーモアがあれば、ディクソン・カー的だったのだが、やや暗いのが残念。


2007.02.06

ドクター・ベルの推理教室 「コナン・ドイルの事件簿」 2000

監督 ポール・シード
出演
イアン・リチャードソン ドクター・ベル
ロビン・レイン コナン・ドイル
ドリー・ウェルズ エルスパス・スコット
アレック・ニューマン トーマス・ニール 

コナン・ドイルが実際にエジンバラ大学医学生だった時代の話。

ベル教授は、人を見ただけで職業を当ててしまう。
ドイルはベル教授の助手となり、彼の探偵術を間近で習得する。
ある日、ドイルと知り合いだった、辻バイオリン弾きが不審な死に方をする。
警察は事なかれ主義に毒されていて、事故死で処理してしまう。
次いで売春宿で、娼婦が襲われる。


なかなか興味深い話だった。
シャーロキアンやパスティーシュ・ファンには、たまらない内容だ。

ベル教授は実在の人物で、シャーロック・ホームズのモデルとなった人物である。
ドラマ前半のベル先生は冴えに冴えていたが、後半の山場になると、ホームズとは別人のように凡庸になってしまった。
現実は甘くないということか。

コナン・ドイル自身は、相当短気なワトソン役として描かれている。
はたして今後もワトソン役に徹するのか、ホームズ役に取って代わるのか?

またアフロヘアのイアン・リチャードソンは意外だった(笑)
西村晃の水戸黄門が、山賊に変装しているようだ。

2006.03.06

ボヘミアの醜聞、踊る人形 グラナダTV

ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズの冒険第一回「ボヘミアの醜聞」。
久しぶりに見た。
最初に見たのは、日本での放送第一回である。

あのとき期待に胸を膨らませて見たのを覚えている。
しかし三林京子演ずるアイリーン・アドラーに激しい違和感を感じた。
それは今も変わらない。

最近とくに彼女は、山村紅葉とキャラがかぶっている(笑)
そういう彼女に、いくらアイリーンが男勝りとはいえ、アテレコをさせるかな。

男勝りなら二宮さよ子や宝塚男役の連中がいい。
新潮CD(オーディオドラマ版)でアイリーン役を演じている、戸田恵子の方も似合っているだろう。

「踊る人形」もついでに見た。
ゲストの根上淳が懐かしい。
昨年惜しくも亡くなった。
ドラマでは悪役が多かったが、アテレコでの被害者役も良かった。
この小説もアメリカから渡ってくる奴が○○だった。
当時のイギリス人(あるいはスコットランド人)が持つアメリカ感がよく出ていた。

2005.07.17

シャーロック・ホームズ ショスコム荘 グラナダTV

銀星号事件に続いての競馬に関する事件。
コナン・ドイルにより最後に書かれた事件とのこと。
時に昭和二年だったそうな。

脚本:ゲーリー・ホプキンズ
監督:パトリック・ラウ 
主演 ジェレミー・ブレット、エドワード・ハードウィック

チャンピオンSに出走する有力馬ショスコムプリンスの馬主が、正気を失ってしまったようだ。
調教師がホームズに相談する。

ホームズは潔癖なので競馬に興味は持ってないが、ワトソンとハドソン夫人はともに単勝を当てたようだ。
それにしても、当時のイギリスでは、真っ白けの芦毛馬が走っていたのか?
現代のスピード競馬では、そういう老齢馬はまず走らないものだ。

ジュード・ロウが少し重要な役で出演。(1991年)


ゲスト
Denise Black .... Carrie Evans
Robin Ellis .... Sir Robert Norberton
Jude Law .... Joe Barnes
Elizabeth Weaver .... Lady Beatrice Falder

2005.06.18

シャーロック・ホームズ レディ・フランシスの失踪 ミステリチャンネル

レディ・フランシスが失踪する。
彼女はわずかながら財産を持っていた。
ワトソンは、彼女を追ってホテルにやってきた男が怪しいと推理する。

監督 ジョン・マッデン(「恋に落ちたシェークスピア」「コレリ大意のヴァイオリン」)
脚本 TR・ボウデン
主演 ジェレミー・ブレット(マイ・フェア・レディ) エドワード・ハードウィック
ゲスト シェリル・キャンベル(「炎のランナー」)、ジュリアン・カリー

ホームズ・シリーズは、この作品からずいぶん作風が変った。
人間ドラマっぽくなった。
カメラも、凝り始めた。
のちにアカデミー賞を受賞する監督の演出だから、無理も無い。

シェリル・キャンベルは可愛らしい女性である。
彼女は、アカデミー賞映画「炎のランナー」や、ジョーン・ヒクソンのミス・マープル・シリーズ「牧師館の殺人」牧師夫人グリゼルダ役でおなじみである。
ここでは、初老の男に狂ってしまって、身を滅ぼす女性を熱演している。

2005.05.16

シャーロック・ホームズ 銀星号事件 ミステリチャンネル

コナン・ドイルの名作短編をドラマ化。
脚本ジョン・ホークスウォース、
監督ブライアン・ミルズ

エセックスカップの本命馬銀星号がレース前の夜、忽然と消えた。
かわりに調教師ストレイカーの死体が転がっていた。
スコットランドヤードのグレゴリー警部は、予想屋シンプソンを逮捕した。
ホームズは調教師の所持品の中につじつまの合わないものを発見して、疑問に思う。
果たしてレース前までに銀星号は発見され、出走できるのか?


19世紀末当時の競馬場の雰囲気をよく知る人をアドバイザーに据えて、レースシーンは迫力満点になる。
、、、はずだったが、全然大したことはなかった。
当時はムチは使っていなかったのか?
そうだとしてもゴール前で騎手の手ぐらいは動くだろう。
我々の競馬感がアメリカナイズされすぎているのか。

女優で見るべき人は、いなかった。
でも競馬の話だからよしとしよう。
お話としては十分楽しめた。

馬の正体を明かす場面で、まさか「唇の捩れた男」に使ったスポンジを再利用したのではないでしょうな、ホームズさん。

2005.05.04

四人の署名 コナン・ドイル ミステリチャンネル

コナン・ドイルのシャーロック・ホームズもの。
原作は長編第二作である。

出演 ジェレミー・ブレット〔ホームズ、露口茂)、エドワード・ハードウィック(ワトソン、福田豊土)、ジョン・ソウ(ジョナサン・スモール、川合信旺)、ジェニー・シーグロウブ(メアリー・モースタン、結城しのぶ)

美しいモースタン嬢から相談を受けたホームズは、サディアス・ショルトー氏とともにショルトー邸におもむく。
兄のバーソロミュー・ショルトー氏は、密室で殺されていた。

ワトソン博士はドラマでは原作より年を取りすぎていたのか、結婚させてもらえなかった
お相手のジェニー・シーグロウブも年を食っていたから、さほど問題はなかったのに。
シーグロウブの声は、結城しのぶがあてていた。
彼女は「新・坊っちゃん」ヒロイン役で有名になったが、現在は講演活動を主にしているそうだ。

モース主任警部のジョン・ソウがインド帰りの○○役で登場だ。
この人の顔を見ると、水戸黄門の悪代官役・川合信旺が声をあてれば、ピタリだなと思ったが、ここではずばりだった。
なぜ、モース主任警部でも彼を使わなかったのか?

ジェレミー・ブレットは、いつも映画のように真剣に演じる。
見ていてドラマと言う感じがしない。
命がけだ。
シャーロック・ホームズと言う名前には、英国俳優を夢中にさせる何かがあるのか。
明智小五郎でも天地茂が人生を賭けていたけれど。


IMDB:The Sign of Four

その他のカテゴリー

210.松竹映画(戦前) | 211.松竹(46〜59年) | 212.松竹(60〜79年) | 213.松竹(戦後小津作品) | 220.東宝映画(戦前) | 221.東宝(46〜59年) | 222.東宝(60〜79年) | 223.東宝(戦後黒沢作品) | 224.東宝(戦後成瀬作品) | 225.新東宝映画 | 230.日活映画 | 240.大映(~59年) | 241.大映(60年~71年) | 250.東映映画 | 260.日本映画(独立系) | 281.日本映画(80-95年) | 282.日本映画(96-99年) | 283.日本映画(00年代) | 284.日本映画(10年代) | 310.アメリカ映画(戦前) | 320.アメリカ映画(46〜49年) | 321.アメリカ映画(50~54年) | 322.アメリカ映画(55~59年) | 330.アメリカ映画(60年代) | 340.アメリカ映画(70年代) | 360.アメリカ映画(80年代) | 361.アメリカ映画(90-93年) | 362.アメリカ映画(94-95年) | 363.アメリカ映画(96-98年) | 364.アメリカ映画(99年) | 365.アメリカ映画(00年) | 366.アメリカ映画(01-02年) | 367.アメリカ映画(03-09年) | 368.アメリカ映画(10年代) | 420.イギリス映画(~69年) | 421.イギリス映画(70年~) | 430.フランス映画(〜69年) | 431.フランス映画(70年〜) | 440.イタリア映画 | 450.ヨーロッパ映画 | 490.中国・台湾・韓国映画 | 499.その他の国々の映画 | 510.スタンダード音楽 | 520.オールディーズ | 530.ポップス70年代 | 540.ポップス80年以降 | 550.ロック | 600.アメリカ音楽 | 630.ラテン音楽 | 670.ヨーロッパ音楽 | 700.クラシック音楽 | 750.現代音楽 | 790.サウンドトラック | 800.歌謡曲演歌 | 910.ミステリ(国内文学) | 911.ミステリ(海外文学) | 912.ミステリ(国内ドラマ) | 913.ミステリ(米ドラマ) | 914.ミステリ(英ドラマ) | 920.シャーロック・ホームズ | 930.ミス・マープル | 940.エルキュール・ポワロ | 945.アガサ・クリスティ | 950.エラリー・クイーン | 970.アイドル60年代 | 971.アイドル70年代 | 972.アイドル80年代 | 999.落語、浪曲、講談 | ☆オーディオドラマ | ☆朗読 | ☆朗読(ミステリ) | ☆朗読(時代劇) | アニメ・コミック | ギャンブル | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ラジオ・オーディオ | 学問・資格 | 心と体 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 書籍(映画・音楽) | 音楽