ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

220.東宝映画(戦前)

2012.08.22

秀子の応援団長 1940 東宝

スタルヒン、水原茂、吉原正喜、中島治康、川上哲治、白石敏男、千葉茂二塁手など
当時の職業野球選手が次々と登場するリアルプロ野球全面協力のデコちゃん映画。


女学生が万年最下位のアトラスの応援団長を買って出る。
応援歌を歌うと連戦連勝。
一躍首位争いに加わる。
しかし父母は野球場へ行くのを反対する。


結末には一ひねりが効いている。
野球ファンには垂涎の作品。
灰田勝彦の「男の純情」が浮いているようなw


監督: 千葉泰樹
原作: 高田保
脚本: 山崎謙太
撮影: 中井朝一

出演:
高峰秀子
小杉義男
清川玉枝
千田是也
灰田勝彦
沢村貞子

2012.08.15

高峰秀子の馬 1941 東宝

東北の四季を、軍馬を育てる娘の目を通して描いている。
高峰の成長に合わせて一年間のリアルタイムで撮った作品。
監督に昇格する以前の黒澤明が助監督を務めていて、高峰秀子の初恋だったらしい。
果たして高峰の言うような両思いだったかどうかは疑わしいが。


秋の馬市で女学校に通ういね(高峰)は馬に魅了される。
いねの家は馬で過去に失敗をしたため、いねの意見に取り合わない。
ある日、組合長から馬を預託されてくれないかと依頼される。
妊娠している牝馬で、最初の仔馬はもらえるという条件だった。
あまりの好条件についに引き受けることになり、いねは大喜びだ。


時のアイドル高峰秀子の初々しい魅力たっぷりの作品(アメリカ開戦間際は、これが限界だっただろう。)
単なるアイドル映画でもなく、国威高揚映画でもなく、純粋なドキュメンタリータッチの作品として作り上げられた。
これも陸軍の後ろ盾があったからこそできたのだ。


ちなみに「ハイドハイドウ丘の道」で有名な大ヒット曲「めんこい仔馬」(サトウハチロー作詞、二葉あき子・高橋祐子歌)は、この映画のために作られた。
しかし監督が挿入歌として使わなかったため、イメージソングのような扱いになった。


監督・脚本 山本嘉次郎
助監督 黒沢明

出演
高峰秀子
藤原鶏太(釜足)
竹久千恵子

2012.02.13

綴方教室 1938 東宝

監督: 山本嘉次郎
製作: 森田信義
原作: 豊田正子
脚色: 木村千依男
撮影: 三村明

出演:高峰秀子 正子
    徳川夢声 父由五郎
    清川虹子 母お雪
    滝沢修 大木先生
    赤木蘭子 先生の奥さん
    三島雅夫 丹野さん

当時の小学生だった豊田正子(のちに日本共産党入党)の、ベストセラーになった作文集をもとに舞台化されたり映画化されたが、著作権は大木が持っていたので初期の印税は入ってこなかった。
わりと美人だったようで,現代だったらマスコミに引っ張りだこだったろう。
当時は、豊田正子と高峰秀子の間に確執があったようだ。
しかし二人はともに一ヶ月も経たないうちに亡くなっている。

映画のあらすじ:
文才あふれる少女が教師の助言により才能を花開かせるが、あまりにもリアリズムが過ぎたため、文章に登場したお金持ちの勘気に触れ,父は職を失う。

ついつい筆が滑ることは誰にもあることだ。
自分の世界を広く持って書きなさいとは、豊かになった今だから言えること。

豊田正子は女学校を卒業後も印税を得られず工場で働いていた。
両親の仲は険悪になり、苦悩は続いたようだ。
才気があふれすぎて、周りとも溶け込めなかったろうし。

どちらもそういう時期に出会って、齟齬が生ずるのは仕方がないことかも知れない。

2008.12.25

人情紙風船 1937 PCL


監督:山中貞雄(当時29歳)
脚本:三村伸太朗
撮影:三村明
美術:岩田専太朗
原作:河竹黙阿弥 歌舞伎「梅雨小袖昔八丈」

出演:
中村翫右衛門 (髪結新三)
河原崎長十郎 (海野又十郎)
助高屋助蔵 (家主長兵衛)
霧立のぼる(白子屋の娘お駒)
加東大介 (猪助)

戦死した山中貞雄監督の遺作。
中村梅若の祖父・中村翫右衛門(前進座)と河原崎長十郎(前進座、毛沢東を支持したため、戦後日共から除名)がW主演している。

江戸の長屋で首つり自殺が発生。
世知辛い世の中には厭世観が充満している。
髪結いの新三は大家に取り入って、お弔いの酒を出してもらい、長屋の一同大騒ぎ。
浪人の海野又十郎は、知人に就職を掛け合うが、取り合ってもらえず、
新三も賭場を開いてやくざの大親分ににらまれる。
何をやってもうまくいかない二人だった。
それが、ある雨の夜、ひょんなことから大きなチャンスをつかむ。



最初、落語のようなお笑いムードで始まったのが、
最後は意外な結末で、ほろ苦映画になってしまう。
さらに最初のシーンとラストシーンが、うまくリンクしている。
今ではハリウッド映画でも珍しくないが、1937年当時としては世界的にも画期的なエンディングだった。

編集時点では監督の下に召集令状は来ていなかった。
それでも「戦争に行けば、必ずおれは死ぬ」と、予想はしていたんだろう。
だから、こんな一世一代の傑作を生み出したのだ。


2005.09.08

鶴八鶴次郎 1938 東宝東京

大正年間、鶴次郎(長谷川一夫)は新内の太夫、鶴八(山田五十鈴)は三味線の名コンビ。
鶴次郎は鶴八に惚れていたが、鶴八は鶴次郎の師匠の娘とあって、鶴次郎が注意しても決して折れることはない。
そういう彼女の気の強さに二の足を踏んでいた。
それでもとうとうある温泉宿で鶴次郎は気持ちを打ち明け、一緒になって二人で寄席を買おうと話し合う。
鶴八は亡き母の遺産だといって、金を工面するが、その金は実は旦那からのものだった。
そのことを知って、鶴次郎はぶち切れてしまう。
コンビは解消になり、鶴八は旦那の正妻に迎えられる。
しかし2年後、鶴八鶴次郎の復活を求める声が大きくなる。


まあ、鶴次郎が鶴八に惚れたけれども、結局手に負えないじゃじゃ馬だったので、あきらめたということだろう。

出だしは脚本がしょぼくてどうなることかと思ったが、三島雅夫が登場した当たりから、大人の芝居になってきた。


山田五十鈴は、やはり凄い人だ。
当時の大スター長谷川一夫とクレジット順位が変らないのだもの。
それに当時は美人だった。

それから忘れてはならない二人。
PCL映画の華・大川平八郎清川玉枝が出ていた。
個性的な演技を楽しませる。

配役:
鶴次郎   長谷川一夫(太夫)
鶴八   山田五十鈴(三味線)
佐平   藤原釜足(マネジャー)
松崎   大川平八郎(旦那)
竹野   三島雅夫(興業主)

監督  成瀬巳喜男
脚本   成瀬巳喜男
原作   川口松太郎
撮影 伊藤武夫

2004.10.05

女人哀愁 1937 PCL+入江プロ

入江たか子が不幸な結婚生活に堪え忍びつつ、とうとうぶち切れて、最後はケロッとして終わる不思議なメロドラマ。
成瀬巳喜男監督作品である。

ネタバレ注意---

入江たか子は見合い結婚で金持ちの家に嫁ぐが、夫の北沢彪や義母の清川玉枝、小姑にネチネチと虐められる。
小姑の離婚問題に絡んで、仲の悪かった小姑とはかえって仲良くなるが、夫と義母とはついに折り合えず、別れるという筋。
ラストはいとこの佐伯秀男との未来を暗示して終わる。
1937年にしてはハイカラな終わり方だ。

義母清川玉枝、小姑の亭主に大川平八郎、いとこで相談相手になるのが佐伯秀男、その妹が堤真佐子というのは、成瀬監督前年の「君のいく路」出演陣だが、いずれもちょい役である。
それだけ入江たか子ビッグスターだったと言うことだろう。


入江たか子は、そう若くないと思うのだが(当時26歳)新婚生活で派手な日本髪を結っていた。
今どき芸者さんでもあんな頭はない。
これじゃあ、義母や小姑から嫌われても仕方がない(笑)

この人は派手な美人だし、表情が実に色っぽいのだが、いかんせんサイレント時代の大スターだけに戦前は台詞回しに難があった。

のちに化け猫映画の常連になったのは皆さんもご存じの通り。
貴族院議員で子爵東坊城徳長の娘さんである。


別の映画だが、映画 「白薔薇は咲けど」から 入江たか子(1937)

2004.09.27

兵六夢物語 1943 東宝

榎本健一主演の時代劇コメディ。
オペレッタ風で、エノケンとともに高峰秀子霧立のぼるが歌い踊る。
黒川弥太郎共演。


薩摩藩の下級武士である大石兵六(榎本健一)はへまをして仲間に干される。
さらに母親に夜のお使いを言いつかった兵六は、夜道で狐に騙される。


Jmdb:兵六夢物語

主演の榎本健一はいいとして、高峰秀子、霧立のぼるはちょっとしか出番がなかった。
その点が少々物足りなかった。

円谷英二が特殊技術担当。

2004.08.10

噂の娘 1935 PCL

2003/11/11(Tue) 00:02

監督・脚本 成瀬巳喜男
出演
啓作 ...  汐見洋
健吉 ...  御橋公
邦江 ...  千葉早智子
紀美子 ...  梅園龍子
お葉 ...  伊藤智子
叔父 ...  藤原釜足
新太郎 ...  大川平八郎


父は酒屋を営んでいて、年頃の娘が二人いる。
姉が見合いの日、妹も付いていくが、向こうさんは妹に一目惚れしてしまう。

父には愛人もいて、そろそろ後添えにと思っている。
姉はそれに賛成なのだが、妹は反対だ。
ところが、妹には隠していたが、実は妹はこの愛人との間に生まれた娘だった。

突然、警察が品質偽装で家宅捜索に入る。
父は酒の配合をごまかしていたのだ。
やがて警察に逮捕される、父。
それを、不安げに見送る祖父と長女。

家族の秘密が次第に暴露されていく様を、クールに描いている。
後の暗いホームドラマを先取ったような作品だった。

2004.07.06

娘の願ひは唯一つ 1939 東宝

高峰秀子は先生に薦められ、女学校を受験する。
しかし父渡辺篤と母清川虹子の貧乏所帯では学費を出せそうにない。
だから受験に失敗してくれと神仏に祈る始末。
しかし娘は堂々一番で合格する。
親の心痛を知って、秀子は辞退しようとする。
一方、受験発表から戻らない高峰秀子を父母は探し回る。

監督はプログラムピクチャーが得意な斉藤寅次郎
脚本は小国英雄

高峰秀子は子役だから、主役はあくまで渡辺篤だった。
コメディアンとしては当時光っていた。

また清川虹子と隣の主婦沢村貞子のやりとりが面白い。
そう考えると高峰秀子の見せ場は少なかった。

JMDB

2004.05.28

君と行く路 1936 PCL

2004年01月28日(水) 
No.126
演出  成瀬巳喜男
脚本  成瀬巳喜男
原作   三宅由起子
撮影  鈴木博
 
配役    
天沼朝次  大川平八郎
弟・夕次   佐伯秀男
母   清川玉枝
空木   藤原釜足
舞   高尾光子
尾上霞   山懸直代
暮津紀子  堤真佐子


朝次と霞は相思相愛。
しかし霞の親は会社の資金繰りに窮して、娘の政略結婚を望む。
朝次の母親は妾の身であり亭主を失っていた。
朝次には金銭的に霞を助けることはできない。

ある日、霞の執事が、霞が彼に書いた手紙を返してくれと言ってくる。
朝次は激怒して・・・

悲劇だが全く感情移入できなかった。
母親が芸者上がりだが、子どももお金持ちと結婚することがもっとも幸せだと信じている。
この時点で馬鹿馬鹿しくなってしまった。

大川平八郎は岡田英次に似ている。
涼しいいい男だ。
しかし作品に恵まれなかった。

その他のカテゴリー

210.松竹映画(戦前) | 211.松竹(46〜59年) | 212.松竹(60〜79年) | 213.松竹(戦後小津作品) | 220.東宝映画(戦前) | 221.東宝(46〜59年) | 222.東宝(60〜79年) | 223.東宝(戦後黒沢作品) | 224.東宝(戦後成瀬作品) | 225.新東宝映画 | 230.日活映画 | 240.大映(~59年) | 241.大映(60年~71年) | 250.東映映画 | 260.日本映画(独立系) | 281.日本映画(80-95年) | 282.日本映画(96-99年) | 283.日本映画(00年代) | 284.日本映画(10年代) | 310.アメリカ映画(戦前) | 320.アメリカ映画(46〜49年) | 321.アメリカ映画(50~54年) | 322.アメリカ映画(55~59年) | 330.アメリカ映画(60年代) | 340.アメリカ映画(70年代) | 360.アメリカ映画(80年代) | 361.アメリカ映画(90-93年) | 362.アメリカ映画(94-95年) | 363.アメリカ映画(96-98年) | 364.アメリカ映画(99年) | 365.アメリカ映画(00年) | 366.アメリカ映画(01-02年) | 367.アメリカ映画(03-09年) | 368.アメリカ映画(10年代) | 420.イギリス映画(~69年) | 421.イギリス映画(70年~) | 430.フランス映画(〜69年) | 431.フランス映画(70年〜) | 440.イタリア映画 | 450.ヨーロッパ映画 | 490.中国・台湾・韓国映画 | 499.その他の国々の映画 | 510.スタンダード音楽 | 520.オールディーズ | 530.ポップス70年代 | 540.ポップス80年以降 | 550.ロック | 600.アメリカ音楽 | 630.ラテン音楽 | 670.ヨーロッパ音楽 | 700.クラシック音楽 | 750.現代音楽 | 790.サウンドトラック | 800.歌謡曲演歌 | 910.ミステリ(国内文学) | 911.ミステリ(海外文学) | 912.ミステリ(国内ドラマ) | 913.ミステリ(米ドラマ) | 914.ミステリ(英ドラマ) | 920.シャーロック・ホームズ | 930.ミス・マープル | 940.エルキュール・ポワロ | 945.アガサ・クリスティ | 950.エラリー・クイーン | 970.アイドル60年代 | 971.アイドル70年代 | 972.アイドル80年代 | 999.落語、浪曲、講談 | ☆オーディオドラマ | ☆朗読 | ☆朗読(ミステリ) | ☆朗読(時代劇) | アニメ・コミック | ギャンブル | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ラジオ・オーディオ | 学問・資格 | 心と体 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 書籍(映画・音楽) | 音楽