ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« レニングラードカウボーイズ・ゴーアメリカ 1989 フィンランド | トップページ | 西銀座駅前 1958 日活 »

2004.03.28

ラストオブモヒカン 1992 米

監督 : Michael Mann
製作 : Michael Mann / Hunt Lowry
製作総指揮 : James G Robinson
原作 : James Fenimore Cooper
脚本 : Michael Mann / Christopher Crowe

Cast:
Daniel Day-Lewis (Hawkeye)
Madeleine Stowe (Cora)◎
Jodhi May (Alice)
Russell Means (Chigachgook)
Eric Sohweig (Uncas)

18世紀中頃、いまだ英仏がアメリカでの覇権を争っていた時代。

フランスはピューロン族と交易開始を条件に、同盟を組んでイギリス側に攻めてきた。
イギリスは民兵を組織し、モホーク族の一部も取り込んで砦にこもって防戦に出るが結局敗れる。
フランスは紳士的に扱ってくれたが、ピューロン族は皆殺しにするつもりだ。
ピューロンの首領は英国人に恨みがあり、英国側の隊長を惨殺する。
娘も殺されそうになるがモホーク族の若者ホークアイが身代わりに立つという。
ホークアイは白人だが、両親が殺され、モホークに育てられて、立派な戦士に成長していた。

映画としてはとくに面白くなかった。
恋愛映画か、アクション映画かはっきりさせた方が良い。

ダニエル・デイ・ルイスはアメリカまで行って、悲惨な結果に終った。
脚本も主人公の弟を主役に据えるべきだったのだ。

マデリン・ストウの美貌だけが救いだ。


« レニングラードカウボーイズ・ゴーアメリカ 1989 フィンランド | トップページ | 西銀座駅前 1958 日活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/360905

この記事へのトラックバック一覧です: ラストオブモヒカン 1992 米:

« レニングラードカウボーイズ・ゴーアメリカ 1989 フィンランド | トップページ | 西銀座駅前 1958 日活 »