ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 白い巨塔 1966 大映 | トップページ | ひかりごけ 1992 日本 »

2004.04.02

鉄の爪 1951 大映

監督 : 安達伸生
製作 : 平尾善夫
原案 : 中溝勝三
脚本 : 安達伸生
配役:
岡譲二 (田代恭助)
日高澄子 (原口恵美子)
二本柳寛 (山崎隆三)◎
喜多川千鶴 (大沢正代)△
斎藤達雄 (灰田天心)○

メンバーだけは大映一線級だが、できた作品は酷い出来。


戦時中、ゴリラの血が混じって発狂した(!)田代が、魔術師灰田に拾われて、獣に変身する芸で一儲けする。
しかし親切な牧師に救われ、戦後は教会暮らし。
そんなある日、田代の昔の女房の愛人が惨殺される事件が起きる。
さらに魔術師灰田に田代は居場所を突き止められ、薬を打たれてしまう。
気づくと彼は再び舞台に上がっていた。

特撮というか特撮以前の映画だ。
これを面白いという人がいるのか。
カルトムービーだな。

岡譲二は明智や金田一までやった役者だが、ゴリラ人間までやるか?
喜多川千鶴は他の映画で見たとき時の方が美人だった。

« 白い巨塔 1966 大映 | トップページ | ひかりごけ 1992 日本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/387545

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄の爪 1951 大映:

« 白い巨塔 1966 大映 | トップページ | ひかりごけ 1992 日本 »