ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 大学のお姐ちゃん 1959 東宝 | トップページ | ロマンス娘 1956 東宝 »

2004.05.25

間諜最後の日 1936 英国

2004年02月04日(水)  No.137
出演: ジョン・ギールグット, マデリーン・キャロル, その他
監督: アルフレッド・ヒッチコック

第一次大戦の最中、スイスに潜むドイツスパイを探すため、英国軍人アシェンデンと殺し屋「将軍」が派遣される。
現地にはアシェンデン夫人に扮した女スパイ・エルサと、彼女を追いかけ回しているマービンがいた。
オルガン奏者がドイツスパイの情報を持っているはずだった。
教会へ会いに行くと、一足先に彼は殺されていた。
次いで怪しいと思われた人物をアルプスに誘い出して殺すが、とんだ人間違いだった(笑)
ついにチョコレート工場で、スパイの正体がわかる。

トーキーだが、凄いご都合主義映画だ。
ヒッチコックは初期には相当酷い映画を作っている。
これは名作「バルカン超特急」の習作と言うところか。

« 大学のお姐ちゃん 1959 東宝 | トップページ | ロマンス娘 1956 東宝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/653647

この記事へのトラックバック一覧です: 間諜最後の日 1936 英国:

« 大学のお姐ちゃん 1959 東宝 | トップページ | ロマンス娘 1956 東宝 »