ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 幽霊塔 1948 大映 | トップページ | ペペ 1960 コロムビア »

2004.05.22

猫は知っていた 1957 大映

2004年03月04日(木)  No.167
監督島耕二
製作永田秀雅
原作仁木悦子
脚色高岩肇
配役:
仁木多鶴子 (ピアノ教師仁木悦子)▲
石井竜一 (悦子の兄雄太郎)
北原義郎 (警部峰岸周作)
花布辰男 (医院長箱崎兼彦)
品川隆二 (家を出た次男敬介)
浦辺粂子 (殺されるおばあちゃん、桑田ちえ)
金田一敦子 (桑田ユリ)
高松英郎 (脅迫していた平坂勝也)


原作は日本のクリスティ・仁木悦子のデビュー作。
ほぼ原作を追っているだが、最後は映像にすると「八つ墓村」になってしまった(笑)


悦子と雄太郎の兄弟は外科医院に下宿することになる。
彼女らが来たときから、変な雰囲気があった。
ねこが消えたのもそうだ。
次に病院の姑が消えた。
患者の一人も消える。

悦子は病院の娘と仲良くなり防空壕を冒険する。
そこで何と姑の死体が・・・
さらに死人が増えていく。
悦子は推理を巡らせ犯人を探る。

島耕二作品にしては軽いBGMを使って、明るい雰囲気だ。
青春もののつもりかな。

高松英郎は最初に出てきたからキーパーソンになるかと思われたが、それから出てこず、どうしたのかと思ったら殺されちゃった。
品川隆二はいかにも犯人ではないタイプ。
北原義郎は定番の警部役。

主役の子はこの映画のおかげで仁木多鶴子に改名したそうだ。
若尾文子を崩した感じで色気はあった。
仁木雄太郎役は原作通り不美男子だった。
この中では金田一敦子が光っていた。

« 幽霊塔 1948 大映 | トップページ | ペペ 1960 コロムビア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/636827

この記事へのトラックバック一覧です: 猫は知っていた 1957 大映 :

« 幽霊塔 1948 大映 | トップページ | ペペ 1960 コロムビア »