ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 第七天国 1927 米国 | トップページ | 間諜最後の日 1936 英国 »

2004.05.25

大学のお姐ちゃん 1959 東宝

2004年02月05日(木)  No.138
監督 杉江敏男
製作 藤本真澄
脚本 笠原良三
撮影 完倉泰一
音楽 神津善行
配役:
団令子 (園江敏子、ちゃっかり屋)
中島そのみ (水原美津子、お金持ちのお嬢様)
重山規子 (秋山重子、バイスバデーのダンサー)
江原達怡 (前原達夫、敏子のBF、ブローカー)
久保明 (大久保昭、美津子のBF)
夏木陽介 (ラッキィ・仲木、ドラマー、重子のBF)
宝田明 (高田信一、大学の先生)
司葉子 (幸田美智子、高田の婚約者)
平田昭彦 (岩船、保釈中のちんぴら)
左卜全 (千一不動産のおやじ)

懐かしいお姐ちゃんトリオ第一弾。
当時は、社長シリーズか何かの同時上映作品(要するに付録)だった。

中島そのみはロカビリーバンドのメインボーカル出身(「ヤダモン」の声優を演じた。)、
重山規子は日劇ダンシングチーム出身で当時もっとも脚が長い女性だったのでは?
この二人に挟まれて、「あんパンのへそ」団令子が美人に見えちゃう。

宝田明や司葉子らメイン映画級のキャストは美味しいところだけやって、さっさと消えていく。
久保明、夏木陽介、江原達怡はまだサブ映画のメインキャストでしかなかった。

次のコンピレーションCDにこの映画から三曲ほどはいっている。


« 第七天国 1927 米国 | トップページ | 間諜最後の日 1936 英国 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/653645

この記事へのトラックバック一覧です: 大学のお姐ちゃん 1959 東宝:

« 第七天国 1927 米国 | トップページ | 間諜最後の日 1936 英国 »