ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« めし 1951 東宝 | トップページ | ある映画監督の生涯 1975 近代映画協会 »

2004.05.24

何がジェーンに起こったか 1962 ワーナー

2004年02月19日(木)  No.156
監督 : Robert Aldrich
製作 : Robert Aldrich
原作 : Henry Farrell
脚色 : Lukas Heller
撮影 : Ernest Haller
音楽 : Frank De Vol

Bette Davis (Jane_Hudson)
Joan Crawford (Blanche_Hudson)
Victor Buono (Edwin_Flangg)
Anna Lee (Mrs._Bates)
Maidie Norman (Elvira_Stitt)

大女優二人による奇怪な映画だ。

ジェーンは子役として一世を風靡したが、大人になってからは姉のブランチの方が人気になり、妹は酒におぼれた。
そして事件は起きた。
パーティーの夜、姉が車でひかれて、車を運転していたはずの妹は消えていた。
三日後、ジェーンは男とホテルにいるところを捕まるが、映画会社が事件をもみ消した。

30年後、二人はひっそりと暮らしていた。
ブランチは事故の後遺症による車いす生活で、妹のジェーンはアル中が酷くなっていた。
姉は妹に入院を求めるが、狂った妹は激高して姉の飼っていた鳥を殺し食事に混ぜて出したり、ネズミを出したりする。
姉は二階に閉じこめられ、外と連絡も取れず、助け出そうとした家政婦のエルバイラはジェーンに殺されてしまう。

ラストに、どんでん返しが用意されている。

二人の婆ちゃん女優が、がっぷり四つに激突している。
ベティ・デイビスは、狂人丸出しの演技。
J・クロフォードは、歯がゆいシーンの連続だった。
もう少し考えたら、もっと速く逃げられただろうに。

老人同士の介護問題を時代に先駆けてとらえていた。

アカデミー賞白黒衣装賞獲得。

« めし 1951 東宝 | トップページ | ある映画監督の生涯 1975 近代映画協会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/647850

この記事へのトラックバック一覧です: 何がジェーンに起こったか 1962 ワーナー :

« めし 1951 東宝 | トップページ | ある映画監督の生涯 1975 近代映画協会 »