ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 名もなく貧しく美しく 1961 東宝 | トップページ | 不信のとき 1968 大映 »

2004.05.27

“エロ事師たち"より 人類学入門(1966)日活

エロ事師とは、エロ本を販売したり、ブルーフィルム(ピンク映画)を製作する人のことだ。
この作品はその生態を描いている。
野坂昭如原作
監督:今村昌平


現代のエロ屋とはどこか違って、昔のエロには滑稽さと悲しさがあった。
遠い記憶を呼び起こしてくれる佳作だ。

小沢昭一、坂本スミ子が内縁の夫婦役を熱演。
中村雁治郎も出番は少ないが美味しい役回りだった。
他にも田中春男、殿山泰司ら豪華オールスターで楽しませてくれた。
近藤正臣は初の助演級演技だった。

それからフナが重要な役を演じている。
カンヌ映画祭を取った作品「うなぎ」の30数年前に「フナ」の映画を撮っていたとは知らなかった。
よほど監督は釣りが好きなのか?


« 名もなく貧しく美しく 1961 東宝 | トップページ | 不信のとき 1968 大映 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/661172

この記事へのトラックバック一覧です: “エロ事師たち"より 人類学入門(1966)日活:

» エロは頭だ。身体じゃない。 [☆21st Century Comedy]
「エロ事師たち」野坂昭如 読了 普通のエロでは満足行かなくなった男達に、目新しいエロを届ける「エロ事師」たちのお話。 独特の文体が昭和の雑然とした雰囲気を醸し... [続きを読む]

« 名もなく貧しく美しく 1961 東宝 | トップページ | 不信のとき 1968 大映 »