ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 何がジェーンに起こったか 1962 ワーナー | トップページ | 愚か者の船 1965 コロムビア »

2004.05.24

ある映画監督の生涯 1975 近代映画協会

2004年02月18日(水)  No.155
監督製作脚本構成 : 新藤兼人
撮影 : 三宅義行
録音 : 近藤光雄 / 藤田敬子
出演:
永田雅一
入江たか子
成沢昌茂
柳永二郎
浦辺粂子
伊藤大輔
宮川一夫
若尾文子
増村保造
山田五十鈴
津村秀夫
川口松太郎
田中絹代


溝口健二監督の映画界参加からベネチア映画祭受賞、そして白血病でなくなるまでを回想する。
関わりのあった人たちが監督の想い出を語る。
聞き手は、自分も溝口と親しかった新藤兼人監督。

日活向島撮影所から彼の映画人生ははじまる。
震災でやられた後、京都に移るが、そこで愛人に切られる事件が起きる。

新興キネマ、日活と移って、日活企画部長永田雅一が第一映画で独立したとき、彼も移籍する。
そこで撮った映画「浪花エレジー」は傑作である。
戦後、映画「雨月物語」でベネチア映画祭銀賞に輝いたときも、本人はこれで賞を逃したら日本に帰れない。と覚悟を決めていたそうだ。

田中絹代とのロマンスの噂を本人にぶつけてみたが、田中は「監督は仕事以外では面白くない人だった。」とはぐらかす。

田中絹代って頭のいい人だなあ。死ぬ二年前なのに、よく喋るし、ケロッとしてる。
かつての大女優・入江たか子は言葉がおぼつかない様子だった。
川口松太郎と溝口監督が同級生だったのは知らなかった。

« 何がジェーンに起こったか 1962 ワーナー | トップページ | 愚か者の船 1965 コロムビア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/647860

この記事へのトラックバック一覧です: ある映画監督の生涯 1975 近代映画協会:

« 何がジェーンに起こったか 1962 ワーナー | トップページ | 愚か者の船 1965 コロムビア »