ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« お早よう 1959 松竹 | トップページ | ここに泉あり 1955 中央映画 »

2004.05.28

ギター弾きの恋(1999) 米

監督 : ウディ・アレン
製作 : ジャン・ドゥマニアン
製作総指揮 : J.E.ボケール
脚本 : ウディ・アレン
撮影 : ツァオ・フェイ

ショーン・ペン (Emmet Ray)
サマンサ・モートン (Hattie)
ユマ・サーマン(Blanche)
グレッチェン・モル(Ellie)
アンソニー・ラパーギャ(Al)

1930年代、シカゴ。エメット・レイ(ショーン・ペン)はジャズギタリストだが、天才ギタリスト・ジャンゴ・ラインハルトが大の苦手。
ある日、口のきけない娘ハッティ(サマンサ・モートン)と出会って、だらだらと一緒に暮らす。
やがてエメットは上流階級の美女ブランチ(ユマ・サーマン)と出会い、一目惚れして、結婚してしまう。
ところがブランチはエメットに満足せず、用心棒アル(アンソニー・ラパーギャ)との不倫に溺れる。
裏切られ、むなしい日々を送るエメット。
ハッティを愛していたことに気づき、彼女とやり直そうと、再びニュージャージーに彼女を訪ねる。

エメットという架空のギタリストを演じたショーン・ペンの演技は良かった。
本当に弾いているようだ。
ウッディ・アレンらがミュージシャン・エメットを回想するシーンを演じているが、もちろん嘘である。
これが余計だった。

« お早よう 1959 松竹 | トップページ | ここに泉あり 1955 中央映画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/670656

この記事へのトラックバック一覧です: ギター弾きの恋(1999) 米:

» 8月21日にジャンゴ関係のイベントが2つ [パリノルール blog]
ジプシージャズの神様、ジャンゴ・ラインハルト。 『パリノルール』略して『パリルー』では、ゴンチチのゴンザレス三上さんがミュージシャンならではの愛あるテキストで... [続きを読む]

« お早よう 1959 松竹 | トップページ | ここに泉あり 1955 中央映画 »