ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 赤と黒 le rouge et le noir 1954 仏 | トップページ | スポイラーズ The Spoilers 1942 Univerasal »

2004.06.21

頭上の敵機 12 o'clock high 1950 20CFox

監督 : ヘンリー・キング
製作 : ダリル・F・ザナック
原作 : バーン・レイ・ジュニア / サイ・バートレット
脚本 : サイ・バートレット / バーン・レイ・ジュニア
撮影 : レオン・シャムロイ
音楽 :アルフレッド・ニューマン

キャスト(役名)
グレゴリー・ペック(Br._General_Savage)
ヒュー・マーロウ(Lt._Col._Ben_Gately)
ゲイリー・メリル(Col._Davenport)
ミラード・ミッチェル(General_Pritchard)
ディーン・ジャガー(Maj._Stovall)


アメリカ空軍はイギリスの基地から、直接ドイツ本土の白昼爆撃を目指している。
将軍は指揮官を更迭させ、サヴェージ准将に直接指揮を執らせる。

サヴェージはスパルタだが、基本をきちんと守って、パイロットの欠点を叩き直していく。
はじめは反感を抱いていた部下も、次第にサヴェージのやり方を理解するようになる。

いよいよドイツ本土爆撃だ。
しかしドイツの戦闘機による仰撃が激しく、次々と仲間を失う。

ラストは、グレゴリー・ペックが病気で出撃を休んでしまう。
すっかり拍子抜けしてしまった。
あれはないだろう。

戦争映画に関わらず、盛り上がりに欠けた。
終戦から5年も経って、戦争を客観的に見ることができると言うことかな。


« 赤と黒 le rouge et le noir 1954 仏 | トップページ | スポイラーズ The Spoilers 1942 Univerasal »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/813069

この記事へのトラックバック一覧です: 頭上の敵機 12 o'clock high 1950 20CFox:

« 赤と黒 le rouge et le noir 1954 仏 | トップページ | スポイラーズ The Spoilers 1942 Univerasal »