ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 宮廷料理人ヴァテール 2000 仏英 | トップページ | 安宅家の人々 1952 大映 »

2004.06.05

淑女は何を忘れたか 1937 松竹

監督 小津安二郎
脚本:伏見晁・ゼームス槇
出演
栗島すみ子
斎藤達雄
桑野通子
佐野周二
坂本武
飯田蝶子

親戚の家に遊びに来た浪花娘の騒動記。
色々すったかもんだか起こしても、最後は松竹映画らしく丸く収める。


浪花娘の役を桑野通子が演じている。
彼女の演技は生き生きしていて、全然嫌みがない。
全身華だらけ。
スターの貫禄を感じさせる。

長生きしていたら、松竹のトップ女優、
「高峰秀子」それ以上になっていなだろう。
実に惜しい人を亡くした。

娘(桑野みゆき)も親のよしみで何度か小津作品に出ている。
でも母親とは似てもにつかない感じだった。


« 宮廷料理人ヴァテール 2000 仏英 | トップページ | 安宅家の人々 1952 大映 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/718266

この記事へのトラックバック一覧です: 淑女は何を忘れたか 1937 松竹:

« 宮廷料理人ヴァテール 2000 仏英 | トップページ | 安宅家の人々 1952 大映 »