ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 現金に体を張れ 1955 アメリカ | トップページ | すずかけの散歩道 (1959) 東宝 »

2004.06.06

風の中の牝鶏 1948 松竹

小津安二郎作品だが、妙にリアリズム志向で小津らしくない作品。
監督 : 小津安二郎
製作 : 久保光三
脚本 : 斎藤良輔 / 小津安二郎
撮影 : 厚田雄春
配役:
佐野周二 (夫、雨宮修一)
田中絹代 (妻、雨宮時子)
三宅邦子 (井田秋子)
笠智衆(佐竹)
村田知英子 (織江)

時子は子供の治療代ほしさに一夜の誤りを犯す。
やがて夫の修一が復員してくるが、秘密がばれて夫婦仲はしっくり来ない。
修一は時子が働きに出たという店に行った。
女が来た。身の上話を聞いた。金だけおいて、女を抱かずに店を出た。
二日ぶりに家に戻った。
しかしまた夫婦喧嘩である。
修一ともみ合ううち時子は階段から落ちてしまう。
時子が階段をヘイヘイの体で上がっていったとき、修一はもうあのことは忘れようと言った。

これも進駐軍のプログラムピクチャーなのかな?
男女同権時代の映画だ。

田中絹代が珍しく色っぽく見えた。
いつもはいいおばさん役ばかりなのに。

佐野周二は木下作品(「お嬢さん乾杯」)と違い、小津作品では良い役には恵まれたことはない。
この映画でも、しじゅう機嫌の悪そうな顔ばかりしている。

また三宅邦子が田中絹代の友人を演じている。
いつもの兄嫁姿(小津作品では兄嫁になることが多い。)と違い、別人のようだった。

村田知英子が悪魔のように主人公をそそのかす役で登場する。

« 現金に体を張れ 1955 アメリカ | トップページ | すずかけの散歩道 (1959) 東宝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/724278

この記事へのトラックバック一覧です: 風の中の牝鶏 1948 松竹:

« 現金に体を張れ 1955 アメリカ | トップページ | すずかけの散歩道 (1959) 東宝 »