ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ダイヤルM 1998 米 | トップページ | 存在の耐えられない軽さ 1987 アメリカ »

2004.06.28

にあんちゃん 1959年 日活

監督 : 今村昌平
原作 : 安本末子
脚色 : 池田一朗 / 今村昌平
企画 : 坂上静翁
撮影 : 姫田真佐久
音楽 : 黛敏郎

キャスト(役名)
長門裕之 (安本喜一)
松尾嘉代 (安本良子)
沖村武(安本高一、にあんちゃん)
前田暁子 (安本末子、末娘)
北林谷栄(坂田の婆)
穂積隆信 (桐野先生)
吉行和子 (堀かな子)

タイトルの意味は、あんちゃんの次の男の子だから、にあんちゃん。


男女男女の四人兄弟の父は炭坑夫をやっていたが、急になくなってしまう。
長男は長崎の工場に、長女も仕事を得て、家を出て行く。
残された「にあんちゃん」と末子は、辺見のおじさんの世話になる。
そのおじさんが坑内の事故で大けがをしてしまう。

ニアンチャンって、長男長門裕之の事かと思っていたが、次男のことだったのね。
主役は次男坊と末子だった。
吉行和子、穂積隆信、北林谷栄、小沢昭一と脇役も揃ってる。
とくに吉行和子は、最初誰だかわからなかったけれど、美人だった。

でも今村監督が本当にこういう子供映画を作りたかったんだろうか?
子供はこの映画を見ないだろう。

« ダイヤルM 1998 米 | トップページ | 存在の耐えられない軽さ 1987 アメリカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/859759

この記事へのトラックバック一覧です: にあんちゃん 1959年 日活 :

« ダイヤルM 1998 米 | トップページ | 存在の耐えられない軽さ 1987 アメリカ »