ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 欲望という名の電車 1951 米国 | トップページ | GO 2001 日本 »

2004.06.30

裸の島 1960 日本

2002/12/23 Mon   ☆☆
監督 新藤兼人
出演 殿山泰司 
   乙羽信子

モスクワ映画祭グランプリを取った、「無言映画」。
主人公一家は、全くせりふがない。


瀬戸内海の孤島に住む一家四人。父(殿山)と母(乙羽)は、農業を営む。
しかし島には水が無く、町から水を手に入れ、手こき船で運ぶ。
水はとても大切で、こぼしたりすると、父の鉄拳が飛ぶ。
季節は移りゆくが、夏のある日、長男が病気になる。
父は必死で町から医者を連れ帰るが・・・

渋い映画だ。
音はあるんだけど、声がない。
島の孤独感を出したのだろうが、今見ると、ちょっとわざとらしい気もする。

林光の音楽が印象的。

« 欲望という名の電車 1951 米国 | トップページ | GO 2001 日本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/875692

この記事へのトラックバック一覧です: 裸の島 1960 日本:

« 欲望という名の電車 1951 米国 | トップページ | GO 2001 日本 »