ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 太陽の墓場 1960 松竹 | トップページ | ヤマカシ 2001 フランス »

2004.06.15

銀河鉄道の夜 1985 日本(アニメ)

監督 杉井ギサブロー
プロデューサー原正人 / 田代敦巳
原作 宮澤賢治
原案ますむらひろし
脚本別役実
キャスト(役名)
田中真弓 (ジョバンニ)
坂本千夏 (カラパネルラ)
中原香織 (かおり)
金田龍之介 (先生)


ジョバンニの唯一の友達はカンパネルラだが、最近はあまり口を聞かない。
星祭りの夜、ジョバンニは病気の母親の牛乳をとりに行くため、一人で町はずれを歩いていた。
突然、巨大な機関車が停車していた。
ジョバンニが乗り込むと、汽車は銀河へと走り出した。
汽車にはカムパネルラも乗っていた。
「僕達、どこまでも一緒に行こうね」とジョバンニは言う。

銀河という夢の世界、でも夜汽車の持つ暗い雰囲気。
闇がどんどん増幅していく。

岩手県で夜汽車に乗った事がある。
あれはまさしく銀河鉄道だった。
まわりの人が話している言葉が分からなかった(笑)


アニメにしたのは良かったが、宮沢賢治の世界観を描ききれていなかった。
それに、どうしても「銀河鉄道999」と比較してしまう。
田中真弓の声は特徴が強くすぎて、この後何を演じても、ジョバンニに聞こえてしまう。


カンパネルラは最後にジョバンニと遊びたかった。
でも闇の世界は広がっていく。
「もう僕行かなくっちゃ、さようなら、ジョバンニ。」

« 太陽の墓場 1960 松竹 | トップページ | ヤマカシ 2001 フランス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/775646

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河鉄道の夜 1985 日本(アニメ) :

« 太陽の墓場 1960 松竹 | トップページ | ヤマカシ 2001 フランス »