ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« バルザック情熱の生涯(前編) 1999 フランステレビ | トップページ | エア・フォース・ワン 1997 米 »

2004.06.15

バルザック情熱の生涯(後編) 1999 フランス

昨日の続き。

晩年のバルザックは、ようやく母離れできた。
離ればなれの生活を続けていた、ハンスカ夫人が亡夫の遺産相続についに成功し、ロシアでの二人の生活が始まった。
しかし、バルザックにも最後の時が近づいていた。
若い頃からの甘い物好きが祟って、重い糖尿病を患っていた。
二人は結婚式をあげて、フランスへ帰国し、彼はすぐ死の床につく。
最後は妻と母に看取られ、ついにバルザックのライフワーク「人間喜劇」は91編で終焉を迎える。


フランスのテレビも作りが雑だ。
ビクトル・ユーゴーが狂言回しだったが、いつでもどこでも現れて、都合が良すぎる。

日本人はフランス映画女優が好きだが、テレビで見る女優はきれいではない。
フィルムの力を今さらながら思い知らされた。

ドパルデューの二つに割れた鼻はこしらえ物だろう。
バルザックの鼻が曲がっていたのだろう。

« バルザック情熱の生涯(前編) 1999 フランステレビ | トップページ | エア・フォース・ワン 1997 米 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/775801

この記事へのトラックバック一覧です: バルザック情熱の生涯(後編) 1999 フランス:

« バルザック情熱の生涯(前編) 1999 フランステレビ | トップページ | エア・フォース・ワン 1997 米 »