ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« がんばっていきまっしょい 1998 日本 | トップページ | エンパイアレコード 1995 ワーナー »

2004.06.29

シャンプー台のむこうに 2001 UK

2001/12/17  Blow Dry, 2001, UK, ☆☆☆☆
監督:パディ・ブレスナック
脚本:サイモン・ビューフォイ
出演:アラン・リックマンナタリー・リチャードソンレイチェル・グリフィスジョシュ・ハートネットレイチェル・リー・クック

隠れた名作である。
日比谷シャンテシネで上映していたときは、前三列ほど空席だった。
日本でもカリスマ美容師が一時期、話題になったが、英国ではヘアドレッサー大会があるらしい。


主人公の理髪師フィル(Aリックマン)は、かつての全英チャンピオン。
モデルのサンドラ(Rグリフィス)に妻シェリー(Nリチャードソン)を寝取られて、競技生活から引退した。
今は成長した息子ブライアン(Jハートネット)と共に地元で散髪屋を営んでいる。

そんな二人の元へシェリーが現れた。
彼女は再びヘアドレッサー大会に出場しようと持ちかける。
実はシェリーは癌を患い、余命幾ばくもなかった。
家族一緒に戦って思い出を残したかったのだ。
フィルは断るが、ブライアンが恋人クリスティーナの父で大会の優勝候補のレイモンドに侮辱され、出場を決意する。

レイモンドは、汚い手を使い、次々とライバルを陥れていく。
あまりに汚いレイモンドに、ついにフィルも決意して、はさみを手にする。

コンテストシーンが中心だが、これがなかなかノリが良い。
BGMを使って、まるでスポーツの試合のようだ。
とくに最後のコンテストシーンは度肝を抜かれた。

アラン・リックマンは相変わらず渋い役どころだ。
レイチェル・グリフィスもナタリー・リチャードソンも本当のレズビアンじゃないかと、思わせるような好演。
しかし息子役のジョシュ・ハートネットは、こういう英国の名優に挟まれて、浮き上がった感じ。

レイチェル・リー・クックはCMでは小柄の細身に見えていたが、意外にぽっちゃりとしてグラマーだった。
父の八百長に関与していたのだが、反省の印に髪をばっさりと切る。
そのショートの方がずっと可愛らしかった。

« がんばっていきまっしょい 1998 日本 | トップページ | エンパイアレコード 1995 ワーナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/867400

この記事へのトラックバック一覧です: シャンプー台のむこうに 2001 UK:

» 【BLOWDRYシャンプー台のむこうに】 [ハイセンス雑貨市場 デザイナーズ 家具 照明 インテリア]
家族愛がテーマな映画です。イギリスの片田舎で、全英ヘアドレッサー選手権が開かれ、ばらばらになった家族が力を合わせて優勝に向けて全力を尽くす。というのが大筋。片田... [続きを読む]

« がんばっていきまっしょい 1998 日本 | トップページ | エンパイアレコード 1995 ワーナー »