ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 風の中の牝鶏 1948 松竹 | トップページ | 人間 1962 近代映画 »

2004.06.07

すずかけの散歩道 (1959) 東宝

石坂洋次郎のNHK放送劇を堀川弘通が演出した。
1時間12分の短い作品だ。

司葉子が、えもいわれぬ美しさである。
彼女のキャリアの中でもピークではないかと思われる。
役柄もぴたりだ。
「青い山脈」の島崎雪子先生役でも司は主演しているが、この映画のようなキャリアウーマンがもっとも似合っている。

杉葉子青山京子津島恵子が彼女の引き立て役。
また、星由里子が子役で出演してるのも注目だ。
司葉子と星由里子って、我々にとっては同世代に見えるが、この映画を見るとはっきり世代差があることがわかる。

森雅之が司葉子の上司役で出演、ロマンスグレーの編集長役で、司とあぶない関係に落ちる。
笠智衆は松竹映画の同様に、義理の兄貴役だ。
賀原夏子が笠の妻、司の姉の役だが、好演。

しかし大勢つきあっていながら、どいつもこいつも寸止めになっちゃう。
誰もセックスをしないのだ。
今から考えると、異様に見える。
石坂洋次郎文学の限界かな。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD26068/index.html

司葉子は「秋日和」より遙かに美しい。これだけは確かだ。

« 風の中の牝鶏 1948 松竹 | トップページ | 人間 1962 近代映画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/728615

この記事へのトラックバック一覧です: すずかけの散歩道 (1959) 東宝:

« 風の中の牝鶏 1948 松竹 | トップページ | 人間 1962 近代映画 »