ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 東京の女 1933 松竹蒲田 | トップページ | 事件記者 1959 日活 »

2004.06.22

恋愛専科 Rome adventure  1962 WB

監督 : デルマー・デイヴス
製作 : デルマー・デイヴス
原作 : アーヴィング・ファインマン
脚本 : デルマー・デイヴス
撮影 : チャールズ・ロートン・ジュニア
音楽 : マックス・スタイナー
配役:
トロイ・ドナヒュー(Don_Porter)
スザンヌ・プレシェット(Prudence_Bell)
アンジー・ディッキンソン(Lyda)
ロッサノ・ブラッツィ(Roberto_Orlandi)
コンスタンス・フォード(Daisy)

典型的なイタリア観光案内映画。
ローマだけでなく、ミラノも美しい。

うぶなスザンナ・プレシェットがトロイ・ドナヒューと一緒に旅行に出ることになり、いろいろあって結ばれる。
しかし昔の彼女アンジー・ディッキンソンが出てきて、二人の仲に割り込む。
スザンナはロッサノ・ブラッチに慰めてもらおうと体を投げ出す。

昔見たときはスザンナ・プレシェットはもっと派手な遊び人だと思い込んでいた。
意外に堅いので拍子抜け。
アンジー・ディキンソンは「リオブラボー」のときがおばさんだったし、今回はあまり美人には見えなかった。
ロッサノ・ブラッツィは相変わらずのいいイタリア紳士だった。


« 東京の女 1933 松竹蒲田 | トップページ | 事件記者 1959 日活 »

コメント

ハリウッドでは珍しく黒髪で抜けるようなブルーアイズ、少々東洋的でもあり「第二のリズ」と期待され私もファンでした。劇場鑑賞以来うん十年振りに再会。正直言ってストーリーはどうでも良い。美しい観光映画のような風景、レストランやロープウェーで流れる「アルディラ」の綺麗な調べ、無論、輝く彼女・・・。「九月になれば」同様ぼーっと観ていても満足。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/819822

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛専科 Rome adventure  1962 WB:

« 東京の女 1933 松竹蒲田 | トップページ | 事件記者 1959 日活 »