ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« けんかえれじい(1966) 日活 | トップページ | 忘れえぬ慕情 1956 松竹 »

2004.07.17

波止場 1954 米コロムビア

エリア・カザン監督作品。
脚本はバッド・シュールバーグ。


マーロン・ブランドはボクサーだった。今は波止場のヤクザリー・J・コッブのやっかいになっている。

ヤクザは沖仲士の給料の上前をはねている。
そのことを警察に訴えられるのをおそれ、若い沖仲仕ジョーイを暗殺する。
神父カール・マルデンが立ち上がり、ジョーイの遺志を継ごうとする。
しかし結局、神父も暗殺される。

マーロン・ブランドは女子大生エヴァー・マリー・セイントと恋仲になる。
彼女はジョーイの妹だった。
ブランドは彼女から証言を求められ悩む。
ブランドの兄ロッド・スタイガーも殺され、ついに意を決してブランドは法廷に立つ。

この作品はバリバリの社会主義映画だ。
共和党のアイゼンハワー大統領時代への反動であった。

沖仲士は自治組織を持たず、ヤクザ組織であっても、ないよりあった方がマシと考えていた。
しかしラストでマーロン・ブランドが体力を振り絞って倉庫まで歩いて戻ったとき、ヤクザではない新しい組織の誕生を感じた。
労働組合だ。

日本でも港湾はヤクザ組織が牛耳っていたが、その部分も次第に小さくなった。
労働組合のおかげで、賃金が高水準にとどまり港湾競争力は低下している。
自分で自分の首を絞めているようだ。


エバー・マリー・セイントはこの作品のように若い頃が魅力的だと思う。
「北北西に進路を取れ」のころは、ベテラン女優で貫録が出てきたが、初々しさはなかった。

マーロン・ブランドは先頃亡くなったが、晩年は何を言ってるかわからない映画が多い。
若さ溢れる、この映画の台詞は聞き取りやすかった。

アカデミー主演男優賞(マーロン・ブランド)、助演女優賞(エバー・マリー・セイント)、監督賞、作品賞ほか合計8部門独占である。



« けんかえれじい(1966) 日活 | トップページ | 忘れえぬ慕情 1956 松竹 »

コメント

Tバックありがとうございました!
 これからも遊びにきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/987847

この記事へのトラックバック一覧です: 波止場 1954 米コロムビア:

» マーロン・ブランド様 [グランドスラム]
 謹んで、ご冥福をお祈り致します。  今日「欲望という名の電車」を観ました。  名作と言われるだけあっていい映画でした。  マーロン・ブランドといえば... [続きを読む]

« けんかえれじい(1966) 日活 | トップページ | 忘れえぬ慕情 1956 松竹 »