ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« リアリティ・バイツ 1993 米国 | トップページ | 波止場 1954 米コロムビア »

2004.07.16

けんかえれじい(1966) 日活

昭和初期の旧制中学を舞台に喧嘩に明け暮れる青春を描いた。
高橋英樹浅野順子主演。
新藤兼人が脚本を書いている。


高橋英樹は岡山二中で配属将校佐野浅夫の逆鱗に触れてしまい、先輩川津祐介、愛しの浅野順子とも離れて、ただ一人で会津若松の喜多方中学に転校する。

しかし今度は会津中学の白虎隊から付け狙われる。
決闘の場は会津鶴ヶ城。
多勢に無勢で高橋英樹ら喜多方中学有志は囚われの身になるが・・・

クレジットとあらすじ

鈴木清順監督の天才ぶりを遺憾なく発揮した初期傑作。
昭和40年代に入っても未だ白黒映画である。
録音が非常に聞きにくかったが、編集は大変面白かった。
ヨーロッパ映画を見ているようだった。
日本ではまだこういう大胆なカット割りは少なかったと思う。

鈴木清順と今村昌平は同じ日活で監督デビューもあまり変わらない。
今村はすでに評価は高く、この年小沢昭一主演で「エロ事師たち」を取っている。
ドキュメンタリータッチでねばっとした作風が今村の持ち味。
カンヌ映画祭でも二度グランプリを獲得している。
それと比べて、鈴木は一年四本ぐらいのペースでプログラムピクチャーを10年ほど取っていた。
でもその作品群の評価は非常に高い。
そして清純美学を結晶させたような「ツィゴイネルワイゼン」を撮り、日本アカデミー賞に輝く。

鈴木はこのように泉鏡花的世界へ入っていったが、外人にはわかりにくかったのではないか。
一方、今村の湿度感覚は独特だ。
これをヨーロッパ人は日本的と感じたのだろう。


浅野順子はgooによるとこの作品しか映画出演はないようだ。
クレジットにクラウン所属とあったから、歌手なのかな。
と思ったら、何とアイドル歌手で現大橋巨泉夫人だとさ。
テレビドラマDBでも二作品しかない。
好みのタイプではなかったが、結構印象に残った。
大橋巨泉の嫁さんになるぐらいだから、ただ者ではあるまい。

また高橋英樹の父親役恩田清二郎がよかった。
理想的な父親だ。
戦前から映画には出ていたが、テレビに出たため、一時期映画界を離れていた。
この映画が最後の作品であり、テレビもこの年以来出演はない。

« リアリティ・バイツ 1993 米国 | トップページ | 波止場 1954 米コロムビア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/986600

この記事へのトラックバック一覧です: けんかえれじい(1966) 日活:

« リアリティ・バイツ 1993 米国 | トップページ | 波止場 1954 米コロムビア »