ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 七人の侍(1954) 東宝 | トップページ | 裁かれるジャンヌ 1928 フランス »

2004.07.25

ワイルドバンチ(1969) Warner

映画「ダンディー少佐」でハリウッドを干された、サム・ペキンパー監督が久々にメガホンを取った作品。
相変わらずペキンパー節は健在である。
同じ西部劇でも、ジョン・フォード節のファンには耐えられないだろう。

既にニューシネマ時代に入っているので、ペキンパー監督としてもド派手な殺戮・暴力シーンは取りやすかったのだろう。
ただ、アメリカでは評価は高くなかったようだ。

主役はウィリアム・ホールデン(Pike)、
その相棒アーネスト・ボーグナイン(Dutch)、
仲間Warren Oates ウォーレン・オーツ(Lyle_Gorch)、
仲間その2Ben Johnson ベン・ジョンソン(Tector_Gerch)
ホールデンを狙う賞金稼ぎ ロバート・ライアン(Thornton)、
最後に笑う爺 エドモンド・オブライエン(Sykes)。

そして例によって数多くの人が死ぬ。殆ど皆殺しだ。

ウォーレン・オーツが格好良かった。
はじめはチンピラ役かなと思わせて、好色で、頭も悪くなく、次第に存在感が大きくなっていく。
「ガルシアの首」では主演も張っている。

ベン・ジョンソンは少し頭が足りない役だ。
ファンには、ちょっともの足りなかったかも。
「ラストショー」でオスカーを取る二年前だ。

エドモンド・オブライエンも「裸足の伯爵夫人」でアカデミー助演男優賞を得ている。

男優には金を掛ける。
この辺がマカロニウェスタンと違う。


« 七人の侍(1954) 東宝 | トップページ | 裁かれるジャンヌ 1928 フランス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1042931

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルドバンチ(1969) Warner:

« 七人の侍(1954) 東宝 | トップページ | 裁かれるジャンヌ 1928 フランス »