ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 蜂の巣の子供たち(1948)東宝 | トップページ | 三十六人の乗客 1957 東宝東京 »

2004.07.28

愛は限りなく Dio Come Ti Amo(1966) イタリア

イタリアンポップス界の女王ジリオラ・チンクェッティが、演技に挑戦した作品である。
松田聖子映画というより、雪村いずみ映画という感じか?

筋は他愛もない。
水泳の選手としてスペインにやってきた、ジリオラはスペインの貴族を好きになった。
ナポリに戻ると、また公爵家に仕える庭師の娘としての日々が待っていた。
そこへスペイン貴族の彼が遊びに来たからまあ大変。
公爵が気を利かせて、彼女を自分の娘ということにしてくれたのだが。

若い頃のジリオラの美貌を初めて拝み、美声を聞いた。
顔はぽちゃっとして下ぶくれだった。
でも可愛らしい顔だった。スタイルもまずまず。
ただ歯並びが悪かった。

声の方はむちゃくちゃ若い。
今持ってるCDの声(年を取ってからの録音)と比べようもなかった。



« 蜂の巣の子供たち(1948)東宝 | トップページ | 三十六人の乗客 1957 東宝東京 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1074274

この記事へのトラックバック一覧です: 愛は限りなく Dio Come Ti Amo(1966) イタリア:

« 蜂の巣の子供たち(1948)東宝 | トップページ | 三十六人の乗客 1957 東宝東京 »