ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« アンダーグラウンド(1995年・フランス/ドイツ/ハンガリー) | トップページ | 恋人よ帰れわが胸に 1966 アメリカ »

2004.08.11

一人息子 1936 松竹

2003/10/13(Mon) 21:30

小津安二郎監督の初トーキー。
のっけから涙を絞る展開だった。

長野1923年。
子供が学校へ行きたいと言うが、母親(飯田蝶子)は怒りだす。
母親は夫に先立たれ女工さんとなり、貧しい家計をやりくりしていた。
しかし母親は一晩掛けて考え直し、子供を東京の学校に送り出す。

12年後、母親は上京する。
立派になった息子の姿を見に行くためだ。
しかし息子は勝手に結婚してしまい、子供まで生まれていた。
しかも夜学の教師を務めていて、貧乏な生活である。
母親の思惑は大きく外れてしまった。
そんなとき、隣の子供が馬に蹴られて病院に運び込まれる・・・


一種の東京物語なのだ。
かの大名作と比較すると、息子の側に情があって、良かったと思う。
息子はいささか東京の毒気の前にスポイルされているため、やる気を失っているように感じられる。
しかしまだ若いんだし、息子は自分なりに人生を切り開いていくだろう。

母親も世間体を気にしているが、子供が幸福なら良いじゃないか。
おそらくわかってくれるだろう。


« アンダーグラウンド(1995年・フランス/ドイツ/ハンガリー) | トップページ | 恋人よ帰れわが胸に 1966 アメリカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1174486

この記事へのトラックバック一覧です: 一人息子 1936 松竹:

« アンダーグラウンド(1995年・フランス/ドイツ/ハンガリー) | トップページ | 恋人よ帰れわが胸に 1966 アメリカ »