ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ジム・キャリーはMr.ダマー 1994 米国 | トップページ | 純愛物語 1957 東映 »

2004.08.12

野良犬 1949 東宝

2003/10/19(Sun) 22:47

監督 黒澤明
脚本 菊島隆三、黒澤明
撮影 中井朝一
音楽 早坂文雄
出演:
三船敏郎
志村喬
淡路恵子
千石規子

家路についた新人刑事の村上(三船)は満員のバス内でピストルを盗まれる。
スリ専門の部署で、犯人の仲間と思われる女に見当をつけた村上は、他の刑事とともに女に会いに行く。
最初、女はしらを切っていたが、一日中付きまとって離れない村上の粘りに負けて、やみでピストルを売りさばく鉄砲屋の話をする。
そして鉄砲屋の女(千石)を逮捕する。
しかし鉄砲屋は逃げてしまう。

ついに拳銃を使った傷害事件が発生する!
村上はベテランの佐藤(志村喬)と組み、野球好きだった鉄砲屋を球場で逮捕する。
問題の拳銃は、遊佐(木村功)という男に手渡されたことがわかる。
彼はアプレゲールで、殺しでも何でもやるタイプだ。
片思いする恋人(淡路恵子)だけが、唯一の希望だった。
村上はその恋人を張り込むが・・・

黒澤明初の犯罪サスペンス。
今とは違う、真夏のべたついた暑さがモノクロ画面から伝わってくる。

アプレゲール犯罪をこの時代特有の問題と捉える向きもあるが、そうだろうか。
この時代は、不況にあえぐ現代でもある。
アプレゲールの若者なんて、今の我々の回りに、いくらでもいるじゃないか!
夢も希望もなくした若者が、暴走を始めているではないか。

三船はまだ若いが、いつも同じ芝居である。まあそこがいい。
志村喬は実に渋い。千石規子も良い。

千秋実が文学青年風で、いつもと芝居が違ってました。
淡路恵子はかなり若くて、はじめは誰かわからなかった。

« ジム・キャリーはMr.ダマー 1994 米国 | トップページ | 純愛物語 1957 東映 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1181536

この記事へのトラックバック一覧です: 野良犬 1949 東宝 :

» ★「野良犬」、精悍極まる刑事物★ [★☆カゴメのシネマ洞☆★]
「野良犬」(1949) 日本監督:黒澤明製作:本木荘二郎脚本:黒澤明 菊島隆三撮影:中井朝一  美術:松山崇音楽:早坂文雄  出演:三船敏郎 志村喬 淡路恵子三好栄子 千石規子 本間文子河村黎吉 東野英治郎 木村功 他、いつもながら、ネタばればれなのでご注意....... [続きを読む]

« ジム・キャリーはMr.ダマー 1994 米国 | トップページ | 純愛物語 1957 東映 »