ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 砂の女(1964)東宝 | トップページ | おとうと 1976 松竹 »

2004.08.22

舞姫 1951 東宝

川端康成原作を新藤兼人が脚色して、成瀬巳喜男が監督した作品。

山村聡、高峰三枝子が不仲な中年の夫婦を演じる。
妻はよろめき夫婦に決定的な危機が訪れるが・・・

片山明彦、田中(岡田)茉莉子が二人の子供役だ。
二本柳寛が高峰三枝子の初恋の人、見明凡太朗が横恋慕するマネージャーを演ずる。
ほかに岡田茉莉子に恋する青年に木村功、岡田茉莉子が憧れる元バレーダンサーに大川平八郎


クレジットとあらすじ

成瀬はこの作品のあとに林芙美子の名作「めし」(林が亡くなったため、川端康成が監修している。)を撮っている。
原節子が主演して、二本柳寛は両方で同じような役回りだ。

高峰三枝子を「舞姫」というハードなメロドラマに起用して、原節子を地味な「めし」に起用したのは何故だろう。
年上の高峰三枝子にはこの方が合うと考えたのかな?

また前年、新東宝小津安二郎大佛次郎原作「宗方姉妹」を撮っている。
田中絹代主演作だが、山村聡が同じような嫉妬深い夫役で出ている。

何故に新東宝で似たような映画を撮っているのに、東宝で再び撮ったのだろうか?
成瀬巳喜男は、やりにくかったのではないか。


この映画での岡田茉莉子はまだまだ子供だ。
ぼくはやはり高峰三枝子の方がいい。
バレー教師の姿はなまめかしく、意外とスタイルが良かった(笑)

バレー映画(谷桃子バレー団協力)だが、岡田茉莉子のバレーシーンは吹き替えになってる。


« 砂の女(1964)東宝 | トップページ | おとうと 1976 松竹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1251758

この記事へのトラックバック一覧です: 舞姫 1951 東宝:

« 砂の女(1964)東宝 | トップページ | おとうと 1976 松竹 »