ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ひかりのまち(1999) イギリス | トップページ | 非常線の女 1933 松竹蒲田 »

2004.08.29

パンと恋と夢(1953) イタリア

ビットリオ・デシーカジーナ・ロロブリジーダ主演のラブ・コメディ。
マリサ・メルリーニがデシーカの恋人役、ティナ・ピカがセルマ・リッターのような美味しいお手伝い役を演ずる。
ルイジ・コメンチーニが監督・脚本。

イタリア南部の村に赴任した警察署長ビットリオ・デシーカはいい年をして独身だ。少し欲求不満気味。
村には山猫と呼ばれる美しい娘ジーナ・ロロブリジーダと、年増の助産婦マリサ・メルリーニがいた。
どちらも美しくて、デシーカは迷ってしまう。
マリサは何故か一月に一度ローマへ出かける。
デシーカは「男と会いに行ってるのではないか」と怪しむ。
一方、ジーナは司祭の姪といざこざを起こして、警察のやっかいになる。
その夜、ジーナは署長を呼び出す。

歌もあり、オペラやオペレッタのような小粋な映画だ。
実に楽しい。

デシーカは二兎を追う者は一兎をも得ずになりそうだったが、最後は逆転でハッピーエンドである。
この年からハリウッドに進出してロッロ(La Lollo)と親しまれたロロブリジーダも良かったが、
なにしろティナ・ピカが良かった、俺の好みだ(笑)


« ひかりのまち(1999) イギリス | トップページ | 非常線の女 1933 松竹蒲田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1308859

この記事へのトラックバック一覧です: パンと恋と夢(1953) イタリア:

« ひかりのまち(1999) イギリス | トップページ | 非常線の女 1933 松竹蒲田 »