ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 宗方姉妹 1950 新東宝 | トップページ | バックトゥザフューチャーIII 1990 ユニバーサル »

2004.08.11

豚と軍艦 1961 日活

2003/10/15(Wed) 23:56
監督 今村昌平
脚本 山内久
撮影 姫田真佐久
音楽 黛敏郎

出演 長門裕之 吉村実子 三島雅夫 小沢昭一 丹波哲郎 山内明 加藤武 殿山泰司 西村晃 南田洋子 中原早苗

戦後の横須賀青春物語。

米軍の残飯の払い下げを受けて、豚の飼料にして、豚を育てる商売をヤクザが引き受けた。
長門は組の一番の下っ端。丹波哲郎の子分で腕は立つが、気が小さい。
長門の恋人が吉村実子である。
彼女は堅気になりたいが、長門は愚連隊の生活を気に入っており、二人の間はしっくり来ない。
吉村は腹が立って、米軍相手に遊びほうける。

ある日、ヤクザを殺してしまい、死体の処分に困り、豚の餌にしてしまう。
そうとも知らずに、その豚を食った丹波は血を吐く。
一方、組の連中も仲間割れを始め、豚の取り合いが始まる。
最後は繁華街のど真ん中で撃ち合いだ。豚も逃げだし、人々を踏み潰してしまう。

長門裕之は、この頃が役者として最高の時期だ。
良い監督に引き立てられ、体当たり演技を見せる。

吉村実子はデビュー映画だが、最初から違ってたな。
おそらく天才なんだろう。
南田洋子は、吉村と比べると完全な脇役。

丹波哲郎はコミカルな味を出している。

今村昌平の初期作品だが、本来の粘っこさはまだ出てこない。


« 宗方姉妹 1950 新東宝 | トップページ | バックトゥザフューチャーIII 1990 ユニバーサル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1174616

この記事へのトラックバック一覧です: 豚と軍艦 1961 日活 :

« 宗方姉妹 1950 新東宝 | トップページ | バックトゥザフューチャーIII 1990 ユニバーサル »