ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ビフォア・ザ・レイン 1994 マケドニア | トップページ | 逃げだした縁談 1957 松竹 »

2004.08.09

許されざる者(1992)ワーナー・ブラザース

92年度アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞、助演男優賞(ジーン・ハックマン)、編集賞受賞作。
監督・製作・主演はクリント・イーストウッド。
共演はジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン、リチャード・ハリス。


1880年ごろ、子供たちと貧しい農園を営むマニーのもとへキッドと名乗る青年が賞金稼ぎの話を持って現れた。
顔を斬られた娼婦が復讐してくれる男を探しているのだ。
一度は断ったマニーだったが、子供の行く末を案じて、旧友ネッドともに話に乗る。
町では凄腕の保安官がいて、町に集まる賞金稼ぎから銃を取りあげ、牢屋にぶち込んでいた。

「ダーティー・ハリー」対「フレンチ・コネクション」の戦いだった。
最後は丸腰の店主を射殺したりして、必殺仕事人ダーティー・ハリーの方がフレンチ・コネクションしていた。

どちらの側にも一理あるから、てっきり白黒つけない灰色決着かと思った。
しかし、製作まで兼ねているクリント・イーストウッドにそういう小細工は通用しない。

老ガンマンが頑張っているところは、「スペース・カウボーイズ」と同じ雰囲気もあった。
クリント・イーストウッドは、老いてこういう映画を撮りたかったくなったのか。

しかし妙に後味が悪かった。
最後の決闘シーンは、マカロニ・ウェスタン風にもっと派手にやって欲しかった。
欲求不満が残る。

« ビフォア・ザ・レイン 1994 マケドニア | トップページ | 逃げだした縁談 1957 松竹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1159253

この記事へのトラックバック一覧です: 許されざる者(1992)ワーナー・ブラザース:

» 許されざる者 (1992) [嗚呼 Every day of a MOVIE]
好き度:★★★★★★☆☆☆☆ 主演はクリント・イーストウッド(兼監督)、共演にはモーガン・フリーマン、ジーン・ハックマン(アカデミー助演男優賞受賞)。 ... [続きを読む]

« ビフォア・ザ・レイン 1994 マケドニア | トップページ | 逃げだした縁談 1957 松竹 »