ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 洲崎パラダイス赤信号 1956 日活 | トップページ | 一人息子 1936 松竹 »

2004.08.11

アンダーグラウンド(1995年・フランス/ドイツ/ハンガリー)

2003/10/13(Mon) 12:10

監督:エミール・クストリッツァ
脚本:エミール・クストリッツァ、デュシャン・コバチェビチ
撮影:ヴィルコ・フィラッチ
美術:ミリェン・クリャコビチ・クレカ
音楽:ゴラン・ブレゴヴィッチ
出演者:ミーキ・マノイロヴィチ/ラザル・リストフスキミリャナ・ヤコビチ/スラブコ・ステイマチ/エルンスト・ストッツナー

ユーゴスラビアの現代史のお話である。

1941年に武器商人マルコは同志クロや弟イヴァンを地下に潜ませ、武器工場を作らせる。
女優ナタリアに心を奪われたクロだが、マルコも同様だった。
マルコはクロを戦後も戦争が続いていると仲間を騙して、地下にとどめて、女も金も独り占めしてしまう。

世はチトー時代に移り、ユーゴは平和を謳歌している。
しかしクロたちは、まだナチスによる戦争が続いているものだと信じていた。

クロらが40年ぶりに地上に現れたとき、ユーゴは再び内戦に陥っていた。
クロは何の違和感もなく、喜々として戦場に飛び出していく。
地上にいたマルコは、地下に長い間閉じこめていた弟イヴァンに見つかり、殺される。
ナタリアも兵士に撃たれて、体に火を付けられる。
クロは親友であった二人のなれの果てを見つめて、呆然とする。

三部からなる映画。
第一部は地下に潜り第二次世界大戦が終わるまで。コメディー調である。
第二部は平和だったチトー時代。
そして第三部が内戦時代。
第二部からずいぶん雰囲気が変わってくる。寓話的と言おうか。

40年も地下に閉じこめられているなんて、あるわけがない。
しかしさらに馬鹿馬鹿しいのが、ユーゴの現代史なのだ。
事実の方が、そして人間の実際の行いの方が、遙かに馬鹿馬鹿しい。

同じ監督の「黒猫白猫」より重い映画だ。好みではない。
音楽もいつもながらパワフルなのだが、心なしか重い。
しかし、戦争の悲劇性をこれほどまで、明らかにした映画は無いと思う。

« 洲崎パラダイス赤信号 1956 日活 | トップページ | 一人息子 1936 松竹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1174473

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーグラウンド(1995年・フランス/ドイツ/ハンガリー) :

« 洲崎パラダイス赤信号 1956 日活 | トップページ | 一人息子 1936 松竹 »