ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 聖なる嘘つき その名はジェイコブ(1999) コロムビア | トップページ | パンと恋と夢(1953) イタリア »

2004.08.28

ひかりのまち(1999) イギリス

ウィンターボトム監督作品。
ロンドンを舞台にある家族の物語。
仲の悪い両親、バツイチの長女と息子、独身で伝言ダイヤルに嵌ってる次女、三女は妊娠中だが夫は失業して行方不明。
彼らのある週末が描かれている。
バラバラだと思われた家族だったが、何かしら繋がっているようでもある。


「ひかりのまち」とは、アスミクがつけた邦題だ。
Wonderlandが原題。
生まれた子がアリスだし、ロンドンの街をワンダーランドと言いたいのだろう。
しかし「ひかりのまち」という題名も嵌っていた。
町の夜景を美しく描いていたからだ。
ウォン・カーアイクリストファー・ドイルの影響かな。

マイケル・ナイマンに関しては、はじめはずいぶん静かだなと思っていたが、途中からナイマン節全開だ。
映像に合ってると思ったら、結末もマイルドになってしまった。


三姉妹にシャーリー・ヘンダーソン、ジナ・マッキー(ノッティングヒルの恋人)、モリー・パーカー
長女の別れた旦那にイアン・ハート
母親は欲求不満の塊だったが、たぶん息子コンプレックスだな。
その息子が家出したので、おかしくなっている。
ジナ・マッキーは孤独感を背負っている。男と長く続かない。
最後は恋人候補を見つけて、これからどうなるでしょうか、というところで終わる。

まあまあのイギリス映画。
家族とはふわふわして形がないようで、どこかで繋がっている。
でも作品のオリジナリティは感じられなかった。


« 聖なる嘘つき その名はジェイコブ(1999) コロムビア | トップページ | パンと恋と夢(1953) イタリア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1301783

この記事へのトラックバック一覧です: ひかりのまち(1999) イギリス:

« 聖なる嘘つき その名はジェイコブ(1999) コロムビア | トップページ | パンと恋と夢(1953) イタリア »