ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

« ラジオデイズ 1987 USA | トップページ | ガープの世界 1982 USA »

2004.08.02

媚薬 1958 USA

●2002/11/09 Sat  
監督リチャード・クワイン
主演ジェームズ・スチュアート、キム・ノバク、ジャック・レモン


ギル(キム・ノバク)は人間界に暮しているが、実は魔女である。
クリスマスイブに、かつての同級生が結婚すると聞く。
その同級生には嫌がらせをされたことがある。
その腹いせにギルは彼女からその彼氏シェップ(J・スチュアート)を取り上げる。

しかし魔法評論家によって、魔女ギルの正体が知られてしまう。
シェップは怒り、以前の彼女に会いに行くが、、、

キム・ノバクがとても美しい。

ヒッチコック監督の「めまい」と同じ年の公開で、同じ主役の組み合わせだ。
こっちはハッピーエンドのラブコメディである。

スタジオの照明を使って、暗い雰囲気を出している。
少しベタな演出だが、コメディだから許せる。

ジャック・レモンがギルの弟役で登場。


« ラジオデイズ 1987 USA | トップページ | ガープの世界 1982 USA »

コメント

ヒッチコックにせよクワインにせよキム・ノヴァクを綺麗に撮るのが実に上手い。私が彼女にはじめてお会いしたのはとんと忘れたが「逢う時はいつも他人」。昔は邦題も上手いな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 媚薬 1958 USA:

« ラジオデイズ 1987 USA | トップページ | ガープの世界 1982 USA »