ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 菊豆 (1990, 中国+日本) | トップページ | 男たちの挽歌 (英雄本色,1986, Hongkong) »

2004.08.20

冬冬の夏休み (1984,台湾)

ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の二年連続三大陸映画祭大賞受賞時の、2年目の作品。


台北生まれの少年・冬冬が母親の病気入院のため、ひと夏を妹とともに母の実家のある田舎で過ごすことになった。
その夏の思い出を、ロングの絵を活用し、台詞を少な目にして、淡々と語った作品。

子供の夏には、いろいろなエピソードが盛りだくさんだ。
川で泳いでいたら飼い牛が逃げ出したり、パンツを川に流されて裸で家に戻ったり、狂女と出会い仲良くなったり、トラック強盗を見つけたり、叔父さんが恋人を孕ませて勘当されたり、入院中の母親の手術が上手く行かず重態になったり、、、

そういう経験を通して子供達が成長していく様を描いている。
とくに冬冬は都会では友達と家庭の往復だろうが、田舎に来ると、大家族の親戚とふれあうことで、大人を見る目が、少しずつできあがっていくのが、興味深かった。


吹き替えにして、子供に見せてやりたい作品だ。
小学校高学年ぐらいなら、それなりに感じるところはあるだろう。
もちろん、大人もほのぼの楽しめる作品だ。
日本だと、藤子不二雄Aの漫画を篠田正浩が映画化した「少年時代」という映画があるが、あれは子供の世界に限った話だし、漫画の方が良かった。
篠田では独特の様式美でこてこてにしてしまうので、ちょっとタイプが違う。
大人の世界を冬冬がかいま見て、いろいろ考える辺りに、「冬冬の夏休み」の特徴がある。

« 菊豆 (1990, 中国+日本) | トップページ | 男たちの挽歌 (英雄本色,1986, Hongkong) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1237218

この記事へのトラックバック一覧です: 冬冬の夏休み (1984,台湾):

« 菊豆 (1990, 中国+日本) | トップページ | 男たちの挽歌 (英雄本色,1986, Hongkong) »