ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 恋人たちの予感 When Harry Met Sally (1989, USA) | トップページ | フェリスはある朝突然に Ferris Bueller's Day Off (1986, USA) »

2004.08.20

レインマン Rain Man(1988, USA)

バリー・レビンソン監督がベルリン映画祭グランプリとアカデミー作品賞、監督賞、
さらにダスティンホフマンも主演男優賞を取った大ヒット作品。
30年も離ればなれで暮らしてきた、兄弟のロードムービーだ。


カーディーラーのチャーリー(トム・クルーズ)は、父の死を知って、10年ぶりに我が家に戻る。
そこで、彼は愕然とさせられる。
300万ドルもの遺産が自分ではなく、匿名の病人に贈られるというのだ。
実は彼はチャーリーの兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)だった。
レイモンドは記憶力、計算力は長けているのだが、全く生活能力が無い、自閉症患者だった。

金に困っていた、チャーリーはロスアンジェルスまでレイモンドを連れ帰ることで、親権を主張し、遺産の半分を手に入れようと考えた。
レイモンドは飛行機に乗るのを嫌がり、陸路でシンシナティからLAまで向かうはめになる。
高速道路も嫌がり、雨の日も外に出ようとしないレイモンドに、チャーリーは手を焼く。

ある夜、レイモンドは「レインマン」のことを語り始める。
それはチャーリーにとっても心の奥に刻み込まれた、想い出の言葉だった。

ダスティン・ホフマンの自閉症ぶりが評判になった映画だが、トム・クルーズの控えめな演技も見逃せない。
泣ける映画ではないが、それだけそれぞれの内面が深く静かに伝わってくる。



« 恋人たちの予感 When Harry Met Sally (1989, USA) | トップページ | フェリスはある朝突然に Ferris Bueller's Day Off (1986, USA) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1236808

この記事へのトラックバック一覧です: レインマン Rain Man(1988, USA):

» レインマン [MARKPARK]
WOWOWでレインマンを十数年ぶりに見ました。 ダスティンホフマンの演技はすご [続きを読む]

« 恋人たちの予感 When Harry Met Sally (1989, USA) | トップページ | フェリスはある朝突然に Ferris Bueller's Day Off (1986, USA) »