ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 友情ある説得(Friendly Persuasion, 1956, USA) | トップページ | また逢う日まで 1950 東宝 »

2004.08.20

ベンガル槍騎兵の生活(The Lives of a Bengal Lancer, 1935, USA)

ビデオ邦題「ベンガルの槍騎兵」。
日本未公開のゲイリークーパー(真昼の決闘、誰がために鐘は鳴る)主演、
ヘンリーハサウエイ(ナイアガラ、ネバダスミス)監督のアクション作品。
当時のゲイリークーパーは、今で言えばシュワルツネッガーであり、
まだまだメロドラマが似合わない俳優と考えられていた。


20世紀初め、インド。
バングラデシュ国境を守る英国槍騎兵隊に、近衛兵出身のフォーサイスと士官学校を出たばかりのストーンが赴任する。
都会的な彼らを、カナダ人のマクレガーが出迎える。
はじめの内は何かと絡むフォーサイスとマクレガーだったが、やがて深い友情で結ばれる。

さて息子であるストーンに対して、父親の大隊長は厳しく当たる。
それは親心だったのだが、息子は荒れてしまう。
隊の規律を破り外出したところを、ベンガルの首領モハマッドの一味に誘拐されてしまった。
父親は涙をのんで、息子を見捨てると言う。
マクレガーとフォーサイスは、大隊長の心情を思いやり、救出に向かう。

軍人同士の友情と、若気の至りで突っ走る後輩の三人模様を描いたお話。
いわば三銃士パターンであり、何を今さらなのだが、1935年のB級映画としては、出色の出来だ。
三人とも役割をはっきりと演じ分けて、わかりやすく感情移入しやすい映画。

軍隊に対する批判精神も旺盛で、決して楽しいだけのアクションではない。
この設定で95年に作ったって同じものができるはず。
それぐらい、完成度の高い作品。
ビデオ屋にあったら、観てみるが良かろう。

« 友情ある説得(Friendly Persuasion, 1956, USA) | トップページ | また逢う日まで 1950 東宝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1237533

この記事へのトラックバック一覧です: ベンガル槍騎兵の生活(The Lives of a Bengal Lancer, 1935, USA):

« 友情ある説得(Friendly Persuasion, 1956, USA) | トップページ | また逢う日まで 1950 東宝 »