ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ドゥーザライトシング Do the Right Thing (1989, USA) | トップページ | レインマン Rain Man(1988, USA) »

2004.08.20

恋人たちの予感 When Harry Met Sally (1989, USA)

ロブ・ライナー監督(「スタンド・バイ・ミー」「ミザリー」)がNYの美しい四季を舞台に、友情と愛情の狭間に揺れる男と女を描いた作品。


出会ってから結婚するまでにどれぐらいの時間が掛かりましたか?
幕間に様々な老夫婦が登場し、自分たちのなれそめを語る。
結ばれるまでに長い時間を要する夫婦もある。

ハリー(ビリー・クリスタル)とサリー(メグ・ライアン)もそんな二人だ。
初めて出会ったのは、10年前。次に出会ったのが5年前。

たった二度すれ違うように出会っただけの二人が、NYで再会した。
二人はパートナーと別れたばかりで、お互いの心の溝を埋めるべく、急速に親しくなる。
しかしセックスはしない。
友情を大事に考えたのだ。

やがて互いに、自分の親友をあてがおうとする。
ところが思惑は外れ、親友同士が結婚してしまう。

寂しさを募らせるサリーは、ついにハリーの胸に飛び込んでしまう。
二人は12年経って、ようやく結ばれる。
しかし翌朝二人は、親友時代のようなフランクな接し方が、できなくなっていた。


メグ・ライアンがまだ整形前で、ぽっちゃりして、「品のないジェーン・フォンダ」みたいな顔をしていた頃の作品。
大衆食堂で突然オルガスムスのマネをし始めるシーンは有名。

この作品でサタデーナイトライブ系の芸人さんとの相性が良いことがわかり、彼女のコメディエンヌとしての道が始まる。
脚本家ノーラ・エフロン(「めぐり会えたら」)も彼女のキャラを見抜き、以後の彼女を決定づけたと言えよう。

監督のロブ・ライナーは音楽を上手に使う人で、この作品でも都会的なジャズを中心に絵も音も楽しめる、豪華な作品に仕上げている。

ただ当時ショックだったのは、
サリーの親友マリーを演じる、キャリー・フィッシャー(「スターウォーズ」)が、ただのおばさんになっていたことだ。
いろいろあったみたいだが、それにしても変われば変わるもの。


« ドゥーザライトシング Do the Right Thing (1989, USA) | トップページ | レインマン Rain Man(1988, USA) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1236798

この記事へのトラックバック一覧です: 恋人たちの予感 When Harry Met Sally (1989, USA):

« ドゥーザライトシング Do the Right Thing (1989, USA) | トップページ | レインマン Rain Man(1988, USA) »