ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ティン・カップ 1996 ワーナー | トップページ | ラ・マンチャの男 1972 ユナイト&イタリア »

2004.09.07

ドン・キホーテ 1933 フランス

監督:G・W・パプスト(「パンドラの筺」「三文オペラ」)
出演:フョードル・シャリアピン(露)、ドルヴィル
原作:セルバンテス
音楽:ジャック・イベール(管弦楽組曲「寄港地」で有名)

ドンキホーテ・デ・ラマンチャはかつて裕福な地主だったが、今や全財産を騎士物語の本に変えてしまった、ぼけ老人。
いい年をして、騎士とお姫様のロマンスに身を焦がしている。
彼は召使いサンチョ・パンサを従者に引き連れ、さすらいの旅に出る。
ドンキホーテは羊の群れを巨人の群れだと思いこみ襲ったり、護送される囚人たちを解放したりと大暴れする。
領主の公爵は事情を聞いて、一計を案じた。

戦争前にこれほどの「ドンキホーテ」をフランスが作ってたとは・・・さすが映画王国だ。

シャリアピンを初めて映像で見たが、やはり当代一の歌手だ。
もっと太めの人かと思ったが、均整の取れた体格で大柄な人。
絵になる男だ。
さぞ舞台映えしたと思われる。
ロシア人だがフランス語の歌詞も難なくこなしている。
バスと言いつつ、それほど声域は低くない。

また彼が五曲歌っているのが、イベールの歌曲だ。
イベールの歌曲CDって持ってないが、これがなかなか良い。
この映画はNHKで放送されたあと、反響が大きくて、IVCからDVD化されるらしい。
クラシックファンは堪えられない作品だ。

ちなみにシャリアピンステーキはシャリアピンが生前来日し、帝国ホテルに泊まったとき、腹づつみを打った料理。
料理長の特製だったが、のちに日本中に広まった。

« ティン・カップ 1996 ワーナー | トップページ | ラ・マンチャの男 1972 ユナイト&イタリア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1380559

この記事へのトラックバック一覧です: ドン・キホーテ 1933 フランス:

» ドン・キホーテ(前編)        ★★★★☆ [The Best Hit Books!]
ドン・キホーテ〈前篇1〉岩波文庫 教科書にも出てくるスペインの作家、セルバンテスの超有名な本ですが、 全部読んだことがある人は意外と少ないんじゃないでし... [続きを読む]

« ティン・カップ 1996 ワーナー | トップページ | ラ・マンチャの男 1972 ユナイト&イタリア »