ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 危険な関係 1959 フランス | トップページ | 地下鉄のザジ 1960 フランス »

2004.11.30

死刑台のエレベーター(1957) フランス

ジャンヌ・モロー、モーリス・ロネ、リノ・バンチュラ主演の倒叙ミステリ。
マイルス・デイビスが音楽をやったことで、超有名な音楽映画になってしまった。

話の筋はあっさりしている。

技師タベルニエが社長夫人と密通していて、邪魔な社長を殺す。
しかし逃亡途中でエレベーターに閉じこめられる。
一方、彼の車を盗み出した不良カップルはタベルニエになりすまし、裕福なドイツ人夫婦に近づく。
車を盗もうとして、ドイツ人夫婦を射殺してしまう。
朝になり、タベルニエはエレベーターから脱出できたが、警察にドイツ人夫妻殺人の疑いで逮捕される。
社長夫人は真犯人を見つけて警察に通報するが、それはタベルニエにとっても、社長殺しの嫌疑がかかることにほかならなかった。


ジャンヌ・モローは好みではないし、筋書きも飽きているが、音楽だけは何度聞いても飽きない。

不良娘のヨリ・ベルタンって子が気になっている。
他の映画にも出ていたと思うのだが、思い出せない。

« 危険な関係 1959 フランス | トップページ | 地下鉄のザジ 1960 フランス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/2117216

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑台のエレベーター(1957) フランス:

« 危険な関係 1959 フランス | トップページ | 地下鉄のザジ 1960 フランス »