ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 蟹工船 1953 独立プロ | トップページ | 或る女 1954 大映 »

2004.11.13

殺人処方箋 1967 Universal

ジーン・バリーが精神科医で頭の切れる犯人役。
刑事コロンボ(ピーター・フォーク)に圧力を掛けて捜査を妨害するが、彼には共犯者キャサリン・ジャスティスがいた。
売れない女優である彼女を、コロンボは執拗に追いつめる。

おそらく十回は見てきたが、このコロンボ第一作は傑作である。
こうくるかと思わせておいて裏をかく。
そのリズムのいいことと、言ったらない。
吹き替えは日本テレビ版の若山弦蔵である。
途中カットがあったみたいで(病院入りのシーン)、違う声優が吹き替えていた。

見所はキャサリン・ジャスティスである。
40年前の映画女優の雰囲気を持った人。
しかしテレビ女優である。
彼女がローマ時代(クレオパトラ?)のコスチュームに身を包み、アップにしていると昔の女優さんはきれいだなと思う。
クレオパトラには多くの無名で美しい女優が出ていた。
このエピソードは、その人たちの外伝の一つだ。

« 蟹工船 1953 独立プロ | トップページ | 或る女 1954 大映 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1953096

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人処方箋 1967 Universal:

« 蟹工船 1953 独立プロ | トップページ | 或る女 1954 大映 »