ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 私は貝になりたい 1959 東宝 | トップページ | 蟹工船 1953 独立プロ »

2004.11.11

でんきくらげ 可愛い悪魔(1970) ダイニチ映配

大映最後のヒロイン渥美マリの軟体動物シリーズ。


若い頃の平泉征が歌手役で出てくるぐらいで、有名な役者はほとんどでていない。
渥美マリの多芸なところもフィーチャーされていない。
彼女のパンチラシーンや、ラストを飾る全裸シーン(背中だけ。)ぐらいしか見せ場はない。


この映画では渥美マリが男を滅ぼすわけではない。
彼女はモデルとして成り上がるが、最後に躓きスターの座を追われる。
それでいて本人に悲壮感はなく、いたってさばさばしている。
そう言う彼女が、つかみ所がなくて、軟体動物シリーズの中でももっとも軟体動物らしかった。

それだけに映画の造りが雑なのが残念である。
こんな映画を作っていちゃ大映も潰れるのも当然だ。


gooのあらすじは、見たバージョンと少し違っていた。
編集がいろいろあるようだ。

« 私は貝になりたい 1959 東宝 | トップページ | 蟹工船 1953 独立プロ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/1935033

この記事へのトラックバック一覧です: でんきくらげ 可愛い悪魔(1970) ダイニチ映配:

« 私は貝になりたい 1959 東宝 | トップページ | 蟹工船 1953 独立プロ »