ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 華氏911 アメリカ 2004 | トップページ | 誰が為に鐘は鳴る(ワールドプレミア版) 1943 パラマウント »

2004.11.21

シカゴ 2002 アメリカ

監督ロブ・マーシャル
脚本ビル・コンドン
音楽ジョン・カンダー 、ダニー・エルフマン
出演レニー・ゼルウィガー 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、リチャード・ギア 、クイーン・ラティファ 、ジョン・C・ライリー

ボブ・フォッシーのブロードウェイ・ミュージカルを映画化した話題作だったが、たいして面白くなかった。
70年代以降のミュージカルは、どうしても楽しめない。
芝居と歌のつながりについては、最近の映画の方が巧みだ。
しかし昔のミュージカル映画の「わざとらしさ」も恋しいのだ。

出演陣ではキャサリン・ゼタ=ジョーンズに圧倒させられた。
さすがロンドンの舞台上がりの人だ。
この人の映画だった。それに大きい人だな。

レニー・ゼルウィガーは上手い子だが、こういう映画でゼタ=ジョーンズと並べると、かなり落ちる。
まだリチャード・ギアの方に味があった。

« 華氏911 アメリカ 2004 | トップページ | 誰が為に鐘は鳴る(ワールドプレミア版) 1943 パラマウント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/2026301

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ 2002 アメリカ:

« 華氏911 アメリカ 2004 | トップページ | 誰が為に鐘は鳴る(ワールドプレミア版) 1943 パラマウント »