ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« スパイダーマン 2002 ソニーピクチャーズ | トップページ | 地下室のメロディー 1963 フランス »

2004.12.05

暴走機関車 1985 アメリカ

カットだらけのサンテレビ土曜ロードショーでみたが、やはり面白い作品だ。
黒沢が原案を書いていた、いわく付きの作品。
脚本に菊島隆三や小国英雄の名もあり、ほとんど日本製品だ。


黒沢明らしく、こじつけで無理やり脱獄囚二人を無人暴走機関車に乗せてしまう。
汽車はブレーキが壊れて、どんどん加速していく。
汽車には女車掌が乗っていた。
三人は命がけで機関車から脱出しようとするが、上空からは刑務所所長がヘリで見張っていた。

この限られた設定だけで、ドキドキはらはら楽しませる映画だ。
これで、一つの映画を作ってしまうとはさすが黒沢明である。
また黒沢明の原作らしいのは、女優が全然美人に見えないことだ。
だからラブシーンもない。
レベッカ・デモーネイは、ちゃんと化粧すればヒラリー・クリントン並の美人なのに。

主演はジョン・ヴォイトでアンジェリーナ・ジョリーのお父さん、
そして相棒にエリック・ロバーツは、ジュリアの実兄である。
車掌役レベッカ・デモーネイはパトリック・オニールの嫁さん。ライアン・オニールの義理の娘でもあり、テイタム・オニールが小姑だ。
みんな、なかなかの名演だった。

« スパイダーマン 2002 ソニーピクチャーズ | トップページ | 地下室のメロディー 1963 フランス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/2155529

この記事へのトラックバック一覧です: 暴走機関車 1985 アメリカ:

« スパイダーマン 2002 ソニーピクチャーズ | トップページ | 地下室のメロディー 1963 フランス »