ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 青春デンデケデケデケ 1992 東映 | トップページ | エンドハウスの怪事件 ミステリチャンネル »

2005.02.12

張込み 1958 松竹

野村芳太郎監督の出世作。
松本清張の短編が原作で、橋本忍(「七人の侍」「砂の器」他)が脚本。

ユニークな作品である。
高峰秀子、大木実の主演だが、たとえば高峰秀子の傘を回すシーンが印象的。
そのようなシーンは原作にはなかった。

大木実の恋人(高千穂ひずる)の話も映画のオリジナルである。
小説ではただ「家族」としか述べられていず、女房持ちかと思っていた。

天下の橋本忍脚本だけに、松本清張もOKを出したようだ。
あるいは松本清張本人がアイデアを出したか?

ただし原作の方が素晴らしい
小説は川端康成調の文体で、押し切ってしまう。
さすが芥川賞作家の面目躍如だ。
これが彼にとって最初の推理小説だった。

文体のもつ余韻を、映画で説明してしまうと、味も素っ気もなくなってしまう。
高峰秀子を出演させながら、セリフを抜きにしてしまうわけにも行かず、仕方がなかったのだろうが。

出演
大木実
高峰秀子
田村高廣
宮口精二
松本克平
高千穂ひずる

« 青春デンデケデケデケ 1992 東映 | トップページ | エンドハウスの怪事件 ミステリチャンネル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/2899799

この記事へのトラックバック一覧です: 張込み 1958 松竹:

» 「張込み」 [邦画ブラボー]
切ないです。 松本清張の原作を橋本忍が脚色。 監督は野村芳太郎。 老練の刑事(宮口精二)と若い刑事(大木実)が 東京から列車に乗り込む。 クーラーなど無かった時代。 真夏。額には汗がにじみ、落ちる。 窓を開け放たれた蒸気機関車は何処へ? 彼らは強盗殺人犯を追って 男の昔の恋人が住む九州に向かっていた。 二人は女の家の向かいにある旅館に宿をとる。 黛敏郎の無機的な音楽が効果的。 吝嗇な銀行家の後妻になり、つつましく暮らしている女 (高峰秀子)�... [続きを読む]

« 青春デンデケデケデケ 1992 東映 | トップページ | エンドハウスの怪事件 ミステリチャンネル »