ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 邪馬台国はどこですか 鯨統一郎 創元推理文庫 | トップページ | 松本清張を読む 細谷正充 ベスト新書 »

2005.04.11

探偵家業はやめられない アンソロジー 光文社文庫

ハードボイルドのアンソロジー。
女探偵と男探偵ものを交互に計12作品、掲載する。

サラ・パレツキーのウォシャウスキーもの、マイケル・コナリーのハリー・ボッシュもの、ジャネット・イヴァノヴッチのステファニー・プラムもの、さらにローレンス・ブロックのマット・スカダーものなどが入っている。

なかでもステファニー・プラムが面白かった。
ちょっとスケベで、ちょっとアクションがあって、それでいてホームドラマでもあり、実にバランスがよい。

原著でも読めそうな英語だ。
短めで、ひねりもない。
100%理解するのは難しいが、70%ぐらいなら行けそう。

« 邪馬台国はどこですか 鯨統一郎 創元推理文庫 | トップページ | 松本清張を読む 細谷正充 ベスト新書 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/3653314

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵家業はやめられない アンソロジー 光文社文庫:

» シティ・オブ・ボーンズ [個人的読書]
著者: マイクル・コナリー, 古沢 嘉通 タイトル: シティ・オブ・ボーンズ  「シティ・オブ・ボーンズ」   マイケル・コナリー・著   早川書房・出版  『職人作家の安定した仕事』  これは、骨太の、ハードボイルド風の 捜査物です。  犬の散歩中、犬が、人骨を拾ってくるところから、 始まり  その後、捜査が始まります。  私のささやかな法則... [続きを読む]

« 邪馬台国はどこですか 鯨統一郎 創元推理文庫 | トップページ | 松本清張を読む 細谷正充 ベスト新書 »