ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 探偵家業はやめられない アンソロジー 光文社文庫 | トップページ | オリエント急行の殺人 アガサ・クリスティー 早川文庫 »

2005.04.11

松本清張を読む 細谷正充 ベスト新書

ライブドアから再掲示。
清張の作品解説本だ。
最近はこういう本が良く出る。

清張は朝日新聞の広告デザイナーだったというのは、いまではトリビアになるのではないか。
「点と線」や「ゼロの焦点」もよく考えれば、デザイナーならではの題名である。

張込みのところに、清張映画に関して書いてある。
この著者の意見「張込みは映画としても素晴らしい。松竹らしい映画である。」には賛成しない。
「張込み」は小説で十分だ。
映画だと余計なことまで説明しなければならない。
どうせだったら東宝でサスペンス調に作り替えたら、良かったと思う。

著者の清張作品選択は、ずいぶんと偏っている感がある。
もう少し、短編小説を選んで欲しかった。
時代劇は作者自身も好んでいたようだが、清張の時代小説はやや、救いがない。


« 探偵家業はやめられない アンソロジー 光文社文庫 | トップページ | オリエント急行の殺人 アガサ・クリスティー 早川文庫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/3653341

この記事へのトラックバック一覧です: 松本清張を読む 細谷正充 ベスト新書:

« 探偵家業はやめられない アンソロジー 光文社文庫 | トップページ | オリエント急行の殺人 アガサ・クリスティー 早川文庫 »