ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 西洋の星盗難事件 クリスティ ミステリチャンネル | トップページ | 夢野久作の少女地獄 1977 日活 »

2005.05.14

細雪 大映 1959

谷崎純一郎原作の二度目の映画化、島耕二監督作品である。
八住利雄が脚本を勤める。
出演 
鶴子 ................  轟夕起子
幸子 ................  京マチ子
雪子 ................  山本富士子
妙子 ................  叶順子
奥畑 ................  川崎敬三
板倉 ................  根上淳

こいさん妙子が主役の細雪だ。
市川監督(東宝1983年版)の場合は雪子(吉永小百合)の方にもすこしウエイトがかかっていると思った。
こちらは完全に若い叶順子(妙子役)に焦点が集まっている。
個人的にはアンニュイな叶順子のファンなので嬉しい。しかし彼女は関西弁が下手だった。
芦屋のお嬢さん言葉という感じがしない。
文芸大作には向かないのではないか。
若尾文子も同世代だが、彼女は三女雪子タイプである。

美貌比べだけなら、やはりきゃんちゃん雪子の山本富士子で決まりだ。
おそらく他の細雪の四姉妹と比較しても、もっとも美しいだろう。
しかしこの映画では、抑え気味の演技に徹している。

京マチ子がなかんちゃん幸子だが、イマイチ印象が薄い。
新東宝1950年版(未見)で幸子を演じた轟夕起子がとうさん鶴子を演じている。

川崎敬三はいつものアホぼん役だ。
根上淳はたたき上げの青年役だが、中耳炎が元でころりと死んでしまう。

全体としてまとまりのない映画である。

芦屋川の風景が出てきた。
今でも芦屋はその名残を残している。
そもそもの新東宝1950年版を見てみたい。
妙子役の高峰秀子は谷崎潤一郎のお気に入りだった。

« 西洋の星盗難事件 クリスティ ミステリチャンネル | トップページ | 夢野久作の少女地獄 1977 日活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/4119512

この記事へのトラックバック一覧です: 細雪 大映 1959:

» 「細雪」 [邦画ブラボー]
この映画、実は何度みたかわからないほど見ている。 「細雪」マニアなのである。 谷崎潤一郎の原作を市川崑監督が映画化。 戦前の関西・芦屋の旧家を舞台に、 美しい4人姉妹のそれぞれの運命を描く。 姉妹と四季の風景を映し出す画面が素晴らしく美しく 誰もがうっとりと見とれてしまうことでしょう。 吉永小百合は無口でおとなしいけど、「なかなかやり手」の 三女雪子を演じてピカイチです。 曖昧な表情と微笑で、雪子という... [続きを読む]

« 西洋の星盗難事件 クリスティ ミステリチャンネル | トップページ | 夢野久作の少女地獄 1977 日活 »