ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 800万の死にざま 1986 アメリカ | トップページ | モース主任警部・ウッドストック行き最終バス ミステリチャンネル »

2005.05.20

妻 1953 東宝

原作林芙美子の三角関係ものを成瀬巳喜男が映画化。


上原謙、高峰三枝子のフルムーンコンビが中年の子なし夫婦を演ずる。
その間に割り込んでくるのが、未亡人役の丹阿弥谷津子である。
上原謙は当然によろめいてしまい、そのうえ妻にばれてしまう。
上原もこの気持ちは本物ではないかと思い始めて、妻を避けるようになる。
妻は愛人と直談判に出る。

作品としてはあまり評価されていないが、個人的には同じ成瀬作品「めし」{原作:林芙美子)よりはいい出来だと思う。
結論を決めないエンディングに余韻が残る。

新珠三千代が高峰の若い妹役で登場、ずいぶん若い頃だ。
はじめのうちは誰だか分からなかった。
なかなかの美形である。

他では三国連太郎がいい味を出していた。

配役:
上原謙 (中川十一、サラリーマンの夫)
高峰三枝子 (中川美種子、妻)
丹阿弥谷津子 (相良房子、愛人)
伊豆肇 (松山浩久、元間借り人)
中北千枝子 (松山栄子、元間借り人、美穂子の相談相手)
高杉早苗 (桜井節子、美穂子の友人)
三國連太郎 (谷村忠、間借り人)
新珠三千代 (新村良美、美穂子の妹)
坪内美子 (新村妙子、美穂子の母)
谷晃 (鬼頭、間借り人のスポンサー)

監督 : 成瀬巳喜男
製作 : 藤本真澄
原作 : 林芙美子
脚色 : 井手俊郎

« 800万の死にざま 1986 アメリカ | トップページ | モース主任警部・ウッドストック行き最終バス ミステリチャンネル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/4211463

この記事へのトラックバック一覧です: 妻 1953 東宝:

« 800万の死にざま 1986 アメリカ | トップページ | モース主任警部・ウッドストック行き最終バス ミステリチャンネル »