ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« サザエさん 12巻 朝日文庫 | トップページ | ひろさちやの般若心経88講 [文庫] by さちや, ひろ »

2005.05.05

見仏記 いとうせいこう文、みうらじゅん絵 角川文庫

「けんぶつき」と読む。
みうらじゅんは、仏像を仏(ぶつ)と呼び、小学校時代からの大の仏像ファン。
いとうせいこうも仏像に興味がある。
二人の仏友は奈良、京都、東北、九州と渡り歩く。

二人は、決して仏教のファンではない。
仏像にしか興味はない。
とくに、いとうは和辻哲郎のように仏像の理論的分析を試みる。

一方、みうらの仏の見方は、非常に直観的である。
この仏は加藤登紀子だ、あの仏は高田美和だ、とわかりやすい例で言い切ってしまう。

そして二人が対決すると結局、みうらの直観にいとうは押し切られてしまう。

なかなか面白かった。
読んでるうちに仏像の種類にも詳しくなる。
DVDも出ているそうだ。

« サザエさん 12巻 朝日文庫 | トップページ | ひろさちやの般若心経88講 [文庫] by さちや, ひろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/3989311

この記事へのトラックバック一覧です: 見仏記 いとうせいこう文、みうらじゅん絵 角川文庫:

« サザエさん 12巻 朝日文庫 | トップページ | ひろさちやの般若心経88講 [文庫] by さちや, ひろ »